MOVIE

【動 画】 介護事故の判例を読み解く Ⅳ ~BPSDによる加害行為~




介護サービスの安全配慮義務は、「予見可能性」と「結果回避義務」によって判断される。
そのため、介護事故の法的責任は、「介助中の事故」「介助ミスによる事故」だけではなく、アセスメント・モニタリングなどのケアマネジメントや、車いすのブレーキが甘くなっていた、玄関床が滑ることが分かっていて放置していたなど、建物設備の瑕疵などにも深くかかわってくる。

介護保険施設や高齢者住宅で発生する事故の原因のほぼすべては、
「介護スタッフの技術・知識の不足」「身体機能・認知機能の低下」「建物設備備品の不一致」
の三つのいずれかに分類されるが、唯一、違うものが認知症高齢者の周辺症状による加害行為。

認知症高齢者の周辺症状(BPSD)の加害行為によって、別の入居者・利用者が損害を被った場合、
それは、法的に誰の責任になるのか。
事業者が認知症の加害行為によって損害賠償を求められた裁判の判例とその課題を読み解く







関連記事

  1. 入管法改正案 ~介護は単純労働なのか~
  2. 【動画】 2040年の社会保障財政を読む ~現在の介護医療制度は…
  3. 【動 画】 親が突然要介護になったとき Ⅲ ~入院から施設へ~
  4. メンタリスト DAIGOさん炎上に対する見解  ~人の命は平等か…
  5. 【動 画】 高齢者住宅の混乱による損害額は一兆円以上
  6. 【動 画】 介護事故の3つの法的責任について考える
  7. 【動 画】 親が突然要介護になったとき Ⅳ ~認知症かな?と思っ…
  8. 【動 画】  地域包括ケアとは何かⅠ ~何がかわるのか~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP