HOME > KaIT 設計した理由(リスクマネジメントの取り組みの遅れが経営を危う)

リスクマネジメントの取り組みの遅れが経営を危うくする
 高齢者・家族が、老人ホーム・高齢者住宅に求めるのは、安全・快適な生活です。
 しかし、身体機能、認知機能の低下した高齢者・要介護高齢者が集まって生活するのですから、老人ホームでも転倒による骨折、誤嚥による窒息などの生活上の事故は発生します。そのサービスの特性を考えると、無条件に、100%の安全を請け負うことができるわけではありません
 この認識の違いから生まれる事故、クレームは、単なるサービス上の課題、個別のトラブルではなく、介護保険施設、高齢者住宅事業の安定経営を阻害する大きなリスク要因として捉えられるようになってきました。その背景には、介護保険発足による介護サービスの一般化、利用者の権利意識の向上だけでなく、介護サービスの提供責任はどこまでなのか、事故責任は誰にあるのかが明確ではないという課題もあります。
 実際、転倒や骨折などの事故割合が増えているわけではありませんが、入所中の転倒・骨折で家族、入所者とトラブルになり、訴訟・裁判となるケースは増加しています。裁判で勝訴したとしても、弁護士費用を含め、その間の準備や対応に忙殺されることになりますし、『裁判を起こされた事業者』というイメージは、その後の入所者募集、スタッフ募集などに大きく影響することになります。
 『クレーマー』という言葉に見られるような社会認識の変化も顕在化しており、このリスクは企業や学校では、すでに大きな経営課題となっていますが、対応の遅れている介護サービス事業でも、今後急速に拡大することは確実です。
 これは民間の高齢者住宅は言うまでもなく、特養ホームや老健施設でも同じです。介護事故やクレームは金銭的な問題だけでなく、優秀なスタッフの離職、サービスの低下、介護事故・トラブル増加という負のスパイラルにつながっていきます。今後、少子化によって、介護看護スタッフの確保が今以上に難しくなることは間違いありません。入所希望者が多くても、トラブル・事故が頻発し経営陣に対する不信感から中核スタッフが退職、介護スタッフが確保できないために事業が継続できなくなる、サービスのレベルが一気に低下するというのは特別なケースではありません。
 『これまでは問題なかった』『その時に誠意を持って対応すれば・・』という考えでは、高齢者だけでなく、スタッフも事業も守ることはできません。介護事故、クレームなどの業務リスクをどのように削減・管理するのかという業務リスクマネジメントは、介護サービスの問題ではなく、事業継続、安定経営の根幹に関わる課題なのです。

入居者が守れない ・ 対象とする要介護高齢者の多くは、
    身体機能・認知機能が低下している
・ 『小さなミス』『一瞬のスキ』が、骨折・肺炎などの
    重大事故、死亡事故につながる可能性も
スタッフが守れない ・ 怪我をさせてしまったという罪の意識から、
    介護サービスが怖くなる

・ 曖昧な介護サービス・介護スタッフの責任、
    スタッフ個人の業務上過失致死傷に問われる可能性も
・ 重大事故で、刑事罰に問われた場合、
    介護福祉士やヘルパー資格・受験資格取り消しの可能性も
事業・組織が守れない ・ 入居者募集、介護看護スタッフ募集に多大なる影響を及ぼし、
    事業継続が困難になることも…

・ 優秀な介護看護スタッフの離職によるサービスの質の低下、
    事故・トラブル・クレームの更なる増加


・ 裁判への対応、裁判費用、損害賠償請求による
    大きな財政支出

リスクマネジメントの根幹は『情報共有・情報管理にあり』 >>