HOME > KaIT 設計した理由(リスクマネジメント検討の中から生まれた「KaIT」)
情報共有・情報管理システム ~KaIT~ 発売のお知らせ
リスクマネジメント検討の中から生まれた「KaIT」
 「KaIT」は、これらの業務リスクをどのように削減・管理していくのかというリスクマネジメントの視点から生まれた、新しい事業所内『情報共有・情報管理システム』です。事業所内専用ホームページサイトを構築し、スタッフ間・業種間の情報共有の「迅速性」「正確性」「確実性」を高め、施設長・管理部の管理機能を強化することを目的としています。
 必要な情報を整理し、通常業務の中でスムーズに情報確認ができることで、各スタッフと情報の距離は近くなり、全スタッフが一つの方向に向かって動くことができます。それは情報不足・連携不足による介護事故・トラブル・クレームの削減だけでなく、スタッフ教育、サービスの質の向上、スタッフ間の連携・組織の一体化へとつながっていきます。
 また、申し送り時間、申し送りの手間を大幅に短縮、削減し、その時間をサービスの充実に当てることができます。最低限の申し送り、確認は必要ですが、その時間を10分短縮できれば、一日15人のスタッフが参加するとして150分(2時間半)のサービス時間に余裕が生まれます。月に75時間、スタッフの人件費が1時間1000円としても75,000円の経済効果が生まれる計算になります。これは、それぞれ最も小さく見積もった数字です。
 「KaIT」は硬直的な一つのプログラムではなく、注目されているクラウドコンピューティングを利用しWebを通じて運用される拡張性、汎用性の高いシステムです。各事業者のサービス体系、規模、勤務体系等に合わせ、最適な情報共有・情報管理のあり方を提言し、個別システムをプログラムします。業務を単一の事業所内だけでなく、複数の事業種類、事業所を運営する事業所間の連携、法人の管理機能の強化を図ることができ、更に事業者のニーズ変化や事業拡大に対応し、変更することが可能です。
 導入に大きな負担がかからないということにも配慮しています。現在運営中の事業者においては、現在の業務連絡の流れ、サービス実務をデジタル化で一から見直すというのではなく、現在の業務を効果的、効率的かつ安定的に行うということに主眼を置いています。介護看護スタッフが日々の忙しい業務の中でも、短時間で情報確認ができるよう、タッチパネル採用や簡易な入力方法など操作性、機能性を重視しています。また、小さな事業所様にもご利用いただけるよう、プログラム費用18万円(税込)~、月額1.8万円(税込)~という低価格設定としています。

 介護事故、トラブル、クレームの発生・拡大を防ぎ、各スタッフが安心して働く環境を整えるためには、スタッフ間の情報共有・情報管理のシステムを見直すことが、その第一歩です。


【KaITの導入メリット】


情報共有・情報管理の「迅速性」「正確性」「確実性」の強化

管理者・管理部(本部等)のサービス情報・リスク情報の把握・管理機能の強化

申し送り、業務連絡に必要な時間・手間を大幅に削減・短縮

情報共有によるスタッフ間の連帯感・一体感の醸成

情報確認の習慣化、情報管理の重要性の認識、責任感の育成

情報不足・連携不足による介護事故・トラブル・クレームの削減

入居者情報の蓄積による、スタッフ教育・サービスの質の向上

【KaITの特徴】


1. リスクマネジメント・サービス向上の視点から、
    事業者に合わせた情報共有・情報管理のあり方を提言
2. 各事業者のサービス種類、規模、勤務体系など
    ニーズに合わせた個別システムの設計
3. パソコンに慣れていないスタッフでも、入力しやすいシステム設計
4. 導入・一定期間の運用後、ニーズに合わせたシステムの途中変更が可能
5. 一事業所あたり、導入費用(プログラム策定含む)が18万円(税込)~、
    月額管理費用1.8万円(税込)~、と導入しやすい低価格設定

<< リスクマネジメントの根幹は『情報管理・情報共有にあり』