HOME > 『高齢者住宅を計画・経営したい』『高齢者住宅関連事業に参入したい』


 『これからは高齢者住宅の時代だ』と勢い込んで参入したにも関わらず、入居者やスタッフが集まらず経営が悪化する事業者は増えています。その大半は経営の失敗ではなく、事業計画、商品設計の段階で様々な過ちを犯しています。また、現在は利益が出ているように見えても、今後行われる介護保険制度の改定、及び運用の厳格化によって経営が行き詰る可能性が高い事業者は少なくありません。
 
 
 
 高住経ネットでは、これまで数多くの事業者の方から、高齢者住宅の開設、運営についてのご相談、ご質問をいただいてきました。土地の有効利用や利益率といった、「開設ありき」「建設ありき」ではなく、参入にあたっての様々な疑問や不安にお答えするとともに、長期安定的に経営するためには、何が必要かについて、わかりやすくお話しさせていただきます。

たくさんのお言葉をいただいています。

 『高齢者住宅ではなく、高齢者住宅ビジネスとは何かがよくわかった』(病院 経営)
 『自分の考えが甘いことに気付かされた。このまま参入していたら失敗しただろう』
                           (診療所 経営)
 『高齢者住宅事業というものに対する見方が180度変わった』 (訪問介護 経営)
 『経営が上手く行かないという話をたくさん耳にして迷っていたが、
     話を聞いて、その原因や理由がとてもよくわかった』 (病院経営)
 『社会福祉法人にとっては厳しい話も多かったが、とても勉強になった』
                         (特養ホーム 施設長)
 『一番厳しい話だったが、素人の私にもわかりやすく一番勉強になった。          ノウハウも知識もない安易な参入は絶対失敗する』 (個人)

お問合せ
 ◆ コンサルティングの内容は、事業計画の推進状況や事業種類、事業形態
       及び、現在提供されているサービス内容等によって変わります。
 ◆ コンサルティング費用については、地域や希望される
         コンサルティング方法、回数、内容等によって変わります。
                 お問合せの上、何なりとご相談ください。

コンサルティングに関する指針

 ◆ 基本的に一回(2~3時間程度)の訪問による相談支援コンサルティングであり、
          継続的なコンサルティングをお約束するものではありません。
    (こちらから契約の継続をお願いすることは、ありません)
 ◆ 純粋な相談支援コンサルティングであり、設計や建設などの
          継続的な支援、サポートをお約束するものではありません。
   (こちらからその他契約や設計者の紹介をすることは、ありません) 
 ◆ 事業計画の策定や現在策定中の事業計画の見直しについて、
          継続的なコンサルティングをお約束するものではありません。
   (こちらから事業計画策定や関連業者の依頼・紹介をすることは、ありません) 

 ※ 地域や内容によりましては、相談支援コンサルティング
        及び、継続的なコンサルティングがお受けできないこともあります。
               ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。