HOME > 『高齢者住宅の経営・サービスが安定しない』『このまま経営が続けられるのか不安だ』


 高住経ネットでは、これまで数多くの事業者の方から、高齢者住宅の開設、運営についてのご相談、ご質問をいただいてきました。『高齢者住宅の需要は高まる』『これからは高齢者住宅の時代だ』と参入したものの、入居者募集に苦労している事業者は増えています。
 
 
 
 『このまま経営が続けられるか不安だ』という事業者に対して、現在の経営にはどのような課題があるのか、どのようなリスクに直面するのかを明らかにし、事業リスクを削減し、経営を安定させるために、どのようなポイントに気をつけて経営すべきなのかをアドバイス致します。

たくさんのお言葉をいただいています。

 『自分が全く高齢者住宅ビジネスというものを理解していなことがわかった』
 『とても厳しい話だったけれど、同時にたくさんの勇気をもらった。
  制度変更や経営が悪化する前に、話しを聞くことができて良かった』
 『参入や開設をするときには、良いことばかり言う人が多いけれど、
  言う通りにして経営が悪化しても誰も知らんふり。これからがんばるしかない』
 『いまの段階で、これからの方向性について話を聞くことができて良かった。
     でも、参入する前に聞いておけば・・というのが何とも悔やまれる』
 『介護保険をどう利用するか、ではなく、魅力ある商品づくり・・
     入居者だけでなくスタッフにも魅力ある事業所にしたいと思います』

お問合せ
 ◆ コンサルティングの内容は、事業計画の推進状況や事業種類、事業形態
       及び、現在提供されているサービス内容等によって変わります。
 ◆ コンサルティング費用については、地域や希望される
         コンサルティング方法、回数、内容等によって変わります。
                 お問合せの上、何なりとご相談ください。

コンサルティングに関する指針

 ◆ 基本的に一回(2~3時間程度)の訪問による相談支援コンサルティングであり、
          継続的なコンサルティングをお約束するものではありません。
    (こちらから契約の継続をお願いすることは、ありません)
 ◆ 純粋な相談支援コンサルティングであり、設計や建設などの
          継続的な支援、サポートをお約束するものではありません。
   (こちらからその他契約や設計者の紹介をすることは、ありません) 
 ◆ 事業計画の策定や現在策定中の事業計画の見直しについて、
          継続的なコンサルティングをお約束するものではありません。
   (こちらから事業計画策定や関連業者の依頼・紹介をすることは、ありません) 

 ※ 地域や内容によりましては、相談支援コンサルティング
        及び、継続的なコンサルティングがお受けできないこともあります。
               ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。