高齢者住宅 開設・経営支援コラム

ここでは、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、高齢者住宅の建設、開設、経営に必要な視点、ポイントについて、実務的な視点から、情報提供、情報発信を行っています。
高齢者住宅の特殊性と
事業計画の基礎
高齢者住宅事業の特殊性や事業計画の基礎、どのような高齢者住宅が失敗しているのか、商品設計において必要な視点など、これから高齢者住宅事業に参入しよう、事業計画を策定しようという方のために、高齢者住宅事業の基礎について解説しています。
高齢者住宅経営と
リスクマネジメント
事業を成功させるためには、その安定経営を阻害するリスクに強い商品設計、リスクを回避する経営ノウハウの構築が不可欠です。高齢者住宅の安定経営を阻害するリスクについて、経営リスクと業務リスクの二つの視点から整理しています。
高齢者住宅
制度の課題と未来
有料老人ホーム、サ高住それぞれに制度基準が定められていますが、その基準だけでは、とても長期安定的に経営を続けることはできません。現在の高齢者住宅関連制度と、制度からくる事業性の違い、制度の問題点と方向性について解説しています。
高齢者住宅
介護保険の未来
高齢者住宅事業は、要介護高齢者対応が不可欠であり、安定した介護システムの構築がその成否を決めると言っても過言ではありません。ここでは事業者が理解すべき介護保険制度の基礎、課題、その方向性について、解説しています。
マーケティングと
ターゲット選定
マーケティングは単なる需要調査だけでなく、その基礎はターゲット選定です。事業の特殊性、事業リスクなどを考えわせると、そのターゲット、商品性は一定の方向に集約されていきます。ここでは事業計画の基礎であるターゲット選定について解説しています。
公益法人・市町村
と高齢者住宅
高齢者住宅したいという医療法人・社会福祉法人からの相談も増えていますが、病院経営・福祉施設運営とては全く違うものです。ここでは、公益法人と高齢者住宅との関係、今後果たすべき役割と、ターゲット、商品設計のポイントについて解説します。
建物設備
検討ポイントと実務
介護動線や生活動線の詳細検討が不可欠で、それは経営実務・サービス実務、事業リスクと不可分のものです。ここでは、高住経ネットが検討してきた、これからの高齢者住宅の建物設備設計の基本的な考え方、建物設備設計のポイントについて解説します。
建物設備設計
個別検討・実例
高齢者住宅における建物・設備・備品検討の実務的な流れと、『脱衣室』 の建物設計、設備備品検討を中心に事例紹介を行います。ただし、建築資材や設備は日進月歩で進んでいますから、あくまで、検討事例の一つとして、お読みいただければと思います。
建物設備設計の
計画基準
高齢者住宅の安全性に大きく影響してくるのが、建物設備です。介護事故予防や介護サービス実務など長期安定経営の視点から、『安全性』を中心に高齢者住宅の建物設備備品設計はどうあるべきか、その考え方やポイント・基準について検討します。