HOME > 対談:介護ビジネスとITの関係(1)~今後何が変わっていくのか~
濱田 孝一(はまだ こういち)
1967年 京都府舞鶴市生まれ。
90年立命館大学経済学部卒業、旧第一勧業銀行入社。
特別養護老人ホームの介護スタッフ、社会福祉法人の管理者を経て、現在は、高齢者住宅の開設・経営支援サイト【高住経ネット】の主宰として、高齢者住宅の開設・経営・再生に関する各種コンサルティング、及び講演、セミナー等を通じて、リスクマネジメントを基礎とした経営者・介護リーダーの育成を行っている。
東口 昇(ひがしぐち のぼる)
1973年 大阪府大阪市生まれ。
98年大阪電気通信大学工学部卒業。
2003年株式会社イトーキ退職後、株式会社アトラクティブシステムズを設立(インターネットサービス業)
医療・介護・行政外郭団体等の実績も多く、クラウドサービスに特化した事業展開で、「より多くの人にインターネット技術を享受できる社会づくり」をミッションとして活動。
 高齢者住宅の経営コンサルタントとして活躍される濱田氏と、アトラクティブシステムズとのコラボレーションでスタートした高住経ネット。2010年にスタートしてから、早や5年を迎える。特別な広報や広告も特別に行っていないにも関わらず、アクセス数は月30000件を超え、今なお増えつづけている。
 濱田氏と、アトラクティブシステムズの東口氏の二人に、高齢者住宅・介護業界とITの関係、未来について語ってもらった。(場所:アトラクティブシステムズ内/日時:平成27年1月25日)

高住経ネット × アトラクティブシステムズ の意味

濱田さんは、当初から高住経ネットは単なる高齢者住宅や介護スタッフに対する情報提供サイトではなく、高齢者住宅事業や介護ビジネスと、インターネットの関係を探りたいと仰っていましたね。

濱田 そうですね。東口さんと高住経ネットを作る前からも、高齢者住宅の経営や開設を支援するコンサルティングサイトを作っていたのですが、そこでは単なる情報提供サイトに留まっていました。ただ、コンサルティングを進める中で、これからの高齢者住宅や介護保険施設、介護ビジネスを考えると、もう一歩先に進んで、このIT技術を経営の中にいかに取り込むかという発想が必要だと思ったんです。

東口 それは、私も同じです。アトラクティブシステムズには、関西を中心に、医療関係者や介護関係者、またその団体の皆さんから様々な依頼が寄せられますが、話しを聞いていると、「どうしてそんな非効率で手間のかかることを・・」と思うことは少なくありません。ただ、私たちには介護サービス現場の課題というものがわからない。 実際、現実的な課題として、話しをしていても、往々にしてそれぞれの経営者や管理者、事務長が考えている課題と、現場が抱えている課題が一致しないことも多いんです。

濱田 それは当たっていると思います。だから、開設時に「あれもできる、これもできる」と聞かされて、「これは便利だ」と、数百万円、数千万円のシステムを入れたけれど、結局ほとんど、その機能が使われないということになるんでしょうね。
 実際見ていても、多くの事業者が、介護報酬算定などの情報処理と、ケース記録や引き継ぎなどの情報共有のプログラムを一緒にしてしまっていて、一つのプログラムで対応しようとするために、結局どちらも使い難いものになるんだと思います。

コンピューターのソフトはどうして高いの?

でも、介護系のプログラムと言えば、基本的に安くても数百万、高いものだと数千万円、加えて保守料や管理費なども毎月必要になりますし、どうしても高額なものだというイメージがあります。

東口 プログラム側の人間から見ると、その理由は簡単です。報酬計算から入居者情報、ケース記録、情報共有、情報管理、報告書策定まで、様々なことを一つのソフトで対応しようとするからです。
 たくさんの機能を持つプログラムを作って、そのすべてを連携させて繋ごうとするために、どうしても開発費が高くなる。開発費が高いものを売るためには、営業力が必要ですし、薄利多売商品ではないため販売価格も保守料も高くなるということです。
 もちろん、全ての機能を使いこなせれば良いですが、動かすためには、たくさんの情報を入力しなければなりません。定期的な見直しや手順や作業も難しくなります。その上、画一的なソフトなので、その事業所に合わせてやりたいことができない、余計に手間がかかる、だから使わなくなる、という矛盾を抱えているんです。

介護ビジネスとITの関係(1)~今後何が変わっていくのか~

高住経ネット ネット対談 バックナンバー