MOVIE

【動 画】 介護事故の判例を読み解く Ⅰ ~予見可能性とは何か~


介護事故の民事裁判・損害賠償請求において、一つの判断のポイントとなるのが「予見可能性」、
つまり、その事故は、予測することが可能だったのか、予測することはできなかったのか…です。
予測可能な事故に対しては、介護サービス事業者はその事故を予防するための対策が必要です。

この予見可能性は、大きく分けるの二つ。
一般的な高齢者・要介護高齢者の特性からみた、事故の予見可能性。
もう一つは、Aさん、Bさんという高齢者個別の要介護状態から見た予見可能性です。
介護裁判の裁判となるものは、ほぼすべて後者の「高齢者個別の予見可能性」です。
それは、同じように見える転倒・骨折事故においても、それぞれの高齢者の要介護状態で
「予見可能性」は変わってくるということです。

ここで、問題となるのが認知症高齢者です。
高齢者・要介護高齢者の介護事故の損害賠償が求められる民事裁判の最大の問題は、
この「認知症高齢者の予見可能性の判断」にあると言っても良いかもしれません。

ここでは、これまで出された3つの判例を基に、
「認知症高齢者の予見可能性」について、裁判所はどのように判断しているのか、
そこに課題、問題はないのかについて、考えていきます。









関連記事

  1. 安易な老人ホームの証券化はJリートの根幹を揺るがす (上)
  2. 【動 画】 親の介護が心配になってきたときに、子供が考えるべきこ…
  3. 未来倶楽部に見る入居一時金の脆弱性(下) ~長期入居リスク~
  4. メンタリスト DAIGOさん炎上に対する見解  ~人の命は平等か…
  5. 介護施設・高齢者住宅のコロナウイルス対策について Ⅱ
  6. 【動 画】 親が突然要介護になったとき Ⅱ ~入院から自宅へ戻る…
  7. 【動 画】 介護事故の民事責任について考える ~安全配慮義務とは…
  8. AIスピーカーが変える超高齢社会 (上)  ~高齢者・家族~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP