TOPIX入居一時金方式の課題とリスク

  1. 有料老人ホーム 入居一時金方式の課題と未来

    有料老人ホームの再生のためには入居者保護施策の強化が不可欠。制度の根幹を整え、指導監査を徹底するとともに、経営者の経営責任・情報開示責任を明確にすることが必要。不正や隠蔽に対しては厳しい法的責任を負わせることで、官民一体となって、…

  2. 「短期利益ありき」素人事業者の台頭と後手に回る法整備

    後後期高齢者が激増する日本において、高齢者住宅は不可欠な「社会インフラ」である。その健全な…

  3. 有料老人ホームは「リゾートバブル型」の崩壊を起こす

    未来倶楽部の倒産は、業務上横領、詐欺事件が背景にあることから、特殊な事例だと考えている人は…

  4. 入居一時金経営 長期入居リスクが拡大している3つの理由

    無理な低価格化、重度化対応の不備など脆弱なビジネスモデルの影響で、拡大する「長期入居リスク…

  5. 前払い入居一時金を運転資金に流用する有料老人ホーム

    自立高齢者を対象とした有料老人ホームと、要介護高齢者を対象とした有料老人ホームは、ビジネス…

  6. 「終身利用」は本当に可能なのか ~脆弱な要介護対応力~

  7. 脆弱な利用権を前払いさせる 入居一時金方式

  8. 有料老人ホーム 「利用権方式」の法的な特殊性

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

    PAGE TOP