PLANNING

高齢者住宅の「崩壊と成長」の時代がやってくる



有料老人ホームがあぶない (2009年7月)
有料老人ホーム 大倒産時代を回避せよ (2010年5月)
高齢者住宅があぶない (2015年9月)
で予見していた通り、有料老人ホーム、サ高住の経営悪化、倒産が増えてきました。

「高齢者住宅の経営悪化は、介護報酬が低く、人材が集まらないからだ」
「高齢者住宅が増えすぎて、過当競争の時代に入っている」
識者の中にも、このような分析をする人が多いのですが、これは全く違います。

高齢者住宅の倒産増加の最大の理由は、商品として脆弱、欠陥だからです。
そのために、入居者も集まらず、介護スタッフも集まらないのです。
また「過当競争だ」というのも大きな間違いです。これから、自宅で生活できない重度要介護高齢者、認知症高齢者が激増します。特養ホームなどの施設整備にも限界があることから、重度要介護高齢者の住まいは絶対的に不足しています。まだまだ、高齢者住宅は足りないのです。

高齢者住宅は、これから「崩壊」と「成長」の二極化の時代を同時に迎えます。
現在、運営中の高齢者住宅は、低く見積もっても3割~4割程度は倒産します。一方で、強い商品性をもった、優良な要介護高齢者を対象とした高齢者住宅が増えていきます。
その違いは、「経営力」ではなく、「開発力・プランニング力」にあります。
高齢者住宅の「強い商品」とは何か、現在の多くの高齢者住宅は何が間違っているのか。
これからのプランニングのポイントと実務について解説します。

【事業者向け コラム】

 

<SCHEDULE ~June 2018~>
6/9  建物設備設計の基礎となる5つの視点
6/19  「安全・快適」の基礎は、災害への安全性の確保
6/29  建物設備設計で事故件数は確実に減らせる

 

 

BACK   NUMBER

事業の成否はプランニングで決まる

「需要が高いから、事業性が高い」 は大間違い 🔗
不安定な制度に依存する高齢者住宅事業 🔗

「自立・軽度要介護」と「重度要介護」では商品が違う 🔗
制度基準に沿って作られた高齢者住宅は欠陥商品 🔗
「住宅だからサービス分離が原則」という素人発想 🔗
事業の成否は、「リスクマネジメント」で決まる 🔗
経営者が注力すべきは、「顧客満足度」よりも「従業員満足度」 🔗

不足するのは要介護高齢者住宅

要介護高齢者対策 4つのポイント 🔗
「在宅へ、自宅へ」という対策は何故。間違っているのか 🔗
なぜユニット型特養ホームをつくってはいけないのか 🔗
事業性も需要も「要介護高齢者専用住宅」に集約される 🔗
「建物設備×生活支援サービス」の一体検討が不可欠 🔗
高齢者住宅には適正な規模がある 🔗
地域包括ケアで大きく変わる高齢者住宅ビジネス 🔗

 

 

 

 

PAGE TOP