PROFESSIONAL

市場価値の高い「介護のプロ」になりたい人へ



高齢者介護の仕事は、人気がありません。
「夜勤もありキツイ仕事」「排泄介助など大変なのに給与も低い」というイメージが強く、介護業界に進みたいと思っていても、友達や親に止められるという話も聞きます。現場からは、「介護スタッフが足りない・・」「人材が集まらない・・」といった悲鳴に似た声も聞こえてきます。

この業界に身を置くものとしては残念ですが、特別に悲観しているわけではありませんし、今の風潮にそれほどの驚きはありません。なぜなら、私が介護の仕事を始めた20数年前の「老人介護」に対する社会的なイメージ、評価は今よりももっと、もっと低かったからです。
当時、看護師は3K(きつい、汚い、給与安い)と呼ばれていましたが、介護の仕事はさらに低く、老人病院ではケアワーカーでも介護スタッフでもなく、「看護補助」「看護助手」という職名でした。
当時の「老人介護」と現代の「高齢者介護」は全く違うものですが、それを知らない人は、その変化に気付かずに従前のイメージのママで仕事をしているのです。

「介護の仕事に未来はあるぞ・・」「介護労働は将来性が高い」という気はありません。それは、「営業の仕事に未来があるか」「ITの仕事に未来があるか・・」というのと同じで、「本人次第」です。
ただ、確実に言えることは、どの仕事を選ぶにしても、労働の価値やその評価基準は、新しいステージに変化しているということです。
それは「働き方改革」によって、一気に加速していきます。
これからは「年功序列」「成果主義」という企業内の基準ではなく、労働の価値・待遇は「市場価値」で決まる時代になるのです。

それは介護業界でも同じです。
特に、高齢者介護は「専門性の高いプロの仕事」です。
市場価値の高い「介護のプロになる」という視点が、あなたの人生や仕事に対する考えを一変させることになるでしょう。

「これからの産業・仕事・働き方はどのように変化していくのか」
「これから介護労働の未来は、どのようになっていくのか」
「市場価値の高い介護のプロが身につけるべき、知識・技術・ノウハウは何か」
「プロになるために、どのような事業所で働けばよいのか」

一緒に考えていきましょう。

 

このコラムは6月スタートの予定です・・・

【介護スタッフ向け コラム】

 

 

PAGE TOP