PROFESSIONAL

市場価値の高い「介護のプロ」になりたい人へ 【連載】



高齢者介護の仕事は、人気がありません。
「夜勤もありキツイ仕事」「排泄介助など大変なのに給与も低い」というイメージが強く、介護業界に進みたいと思っていても、友達や親に止められるという話も聞きます。現場からは、「介護スタッフが足りない・・」「人材が集まらない・・」といった悲鳴に似た声も聞こえてきます。

私は「介護の仕事に未来はあるぞ」「介護労働は将来性が高い」という気はありません。それは、「営業の仕事に未来があるか」「ITの仕事に未来があるか・・」というのと同じで、「本人次第」だからです。
ただ、確実に言えることは、どの仕事を選ぶにしても、労働の価値やその評価基準は、新しいステージに変化しているということです。
それは「グローバル化」「技術革新」によって、一気に加速していきます。
これからは「年功序列」「成果主義」という企業内の基準ではなく、労働の価値・待遇は「市場価値」で決まる時代になるのです。

それは介護業界でも同じです。
特に、高齢者介護は「専門性の高いプロの仕事」です。
市場価値の高い「介護のプロになる」という視点が、あなたの人生や仕事に対する考えを一変させることになるでしょう。

「これからの産業・仕事・働き方はどのように変化していくのか」
「これから介護労働の未来は、どのようになっていくのか」
「市場価値の高い介護のプロが身につけるべき、知識・技術・ノウハウは何か」
「プロになるために、どのような事業所で働けばよいのか」

一緒に考えていきましょう。

スタッフ向け コラム】



SERIAL STORY


仕事探しは一生の一大事

【Pro 01】仕事選びの基本は「何のプロになるのか」 🔗
【Pro 02】労働の評価基準の変化 ~最強の働き方とは~ 🔗
【Pro 03】技術革新によって変化する『プロフェッショナル』の価値 🔗 
【Pro 04】「AI+IT+ロボット」に脅かされるプロフェッショナルの価値 🔗 
【Pro 05】「AI+IT+ロボット」にも脅かされない仕事とは 🔗    
【Pro 06】競争相手は「AI+IT+ロボット」だけではない  🔗
【Pro 07】介護業界の不幸は介護の未来を語れる経営者が少ないこと 🔗

介護の仕事に未来はあるか

【Pro 08】 高齢者介護の仕事は「要介護高齢者のお世話」ではない 🔗
【Pro 09】 介護は高度な「安全配慮義務」が求められる仕事 🔗
【Pro 10】 高齢者介護はなぜロボット・ITにはできないのか 🔗
【Pro 11】 高齢者介護は他に類例のない安定した仕事  🔗
【Pro 12】 介護労働者の給与は本当に低いのか (1)  🔗 
【Pro 13】 介護労働者の給与は本当に低いのか (2)  🔗


更新予定  ~ Coming Soon ~

【Pro 14】 介護のプロの未来は大きく広がっていく   
【Pro 15】「介護の仕事は最悪」と言われる原因はどこにあるのか 
【Pro 16】 介護業界で不足しているのは「労働者」ではなく「人材」
【Pro 17】 介護のプロになるための働き方 


PAGE TOP