TOPIX「囲い込み」は何が問題なのか

  1. 「囲い込み」を排除できなければ、地域包括ケアシステムは崩壊

    地域包括ケアとコンパクトシティの構想は同じ。その基礎・中心となるのは重度要介護高齢者が安心して生活できる住まい、住環境の整備。「公平・公正な制度設計」「不正事業者の排除」は自治体の義務であり、囲い込み高齢者住宅を放置すれば、市町村…

  2. 超高齢社会の不良債権になる「囲い込み高齢者住宅」

    囲い込み高齢者住宅は商品としてあまりにも脆弱。「重度化対応の不備」「事故・トラブルの増加」…

  3. 犯罪者になるケアマネジャー、加害者になる介護スタッフ

    この問題の根幹は厚労省・国交省の制度設計ミスと、不正商品をつくった素人事業者、自治体にある…

  4. 拡大する囲い込み不正 ~介護医療の貧困ビジネス詐欺~

    この囲い込みビジネスモデルの背景にあるは、「介護保険制度・ケアマネジメントの基礎をしらない…

  5. 重度要介護高齢者の生命を奪った「囲い込み」の死亡事故

    高齢者住宅の「囲い込み」による不正は介護保険法上問題がある、介護財政悪化の要因というだけで…

  6. 「囲い込み」は介護保険制度の根幹に関わる重大な不正

  7. 「囲い込み」の高齢者住宅が激増した3つの原因

  8. なぜ、低価格のサ高住・住宅型は「囲い込み」を行うのか

  9. 高齢者住宅の「囲い込み」とは何か 

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP