TOPIX高齢者住宅M&Aの未来と業界再編

  1. その収益性は本物なのか Ⅱ ~囲い込み不正による収益~

    介護保険法・ケアマネジメントの基本を無視した「囲い込み」の横行。その不正に対する監視の目、報酬削減は加速していく。経営者は「知らなかった」では済まされない。高額の返還請求、ビジネスモデル崩壊に留まらず、詐欺行為として摘発されスタッフも刑事…

  2. その収益性は本物なのか Ⅰ ~入居一時金経営のリスク~

    入居一時金経営(利用料の前払い方式)を行っている高齢者住宅には、財務諸表には表れない長期入居リスク…

  3. 高齢者住宅「M&A」は、いまの収益ではなく、これからのリスクを把握

    高齢者住宅の安定経営を阻害するリスクは、「経営上のリスク」と「サービス上のリスク」に大別される。そ…

  4. 高齢者住宅のM&Aの難しさ ~購入後に商品・価格を変えられない~

    訪問介護や通所介護とは違い、介護付有料老人ホームと言ってもその商品性・ビジネスモデルは一つ一つ違う…

  5. 介護ビジネス・高齢者住宅のM&Aが加速する背景

    高齢者住宅のM&Aが加速する背景は、買収側・売却側それぞれにある。経営する高齢者住宅を増や…

  6. 活性化する高齢者住宅M&Aはバブル崩壊の前兆

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP