【p025】 区分支給限度額方式で、介護システム構築はできない

認知症・重度要介護は、介護サービスの「量」だけでなく「内容」が変わる。区分支給限度額方式で介護システムを構築すると、月額費用は40万円以上になる。前回の「特定施設の指定配置基準=基本介護システム」の誤…

【F027】 入居者にとっても無関係でない制度変更リスク

【r024】 事故・トラブルをリスクにしないための相談・説明力

【w025】 老人福祉施設はどこに向かうのか

【p024】 「特定施設の指定配置基準=基本介護システム」という誤解

【F026】 最大のリスク 事業者の経営悪化・倒産

【r023】 リスクマネジメントはソフトではなくハードから

【F027】 入居者にとっても無関係でない制度変更リスク

介護サービス事業は他に類例のない「A to B to C」のビジネスモデル。極度な社会保障財政悪化による制度変更リスクが入居者に降りかかる。高齢者住宅や介護サービス事業は、一般のサービス業とは根本的に…

【p024】 「特定施設の指定配置基準=基本介護システム」という誤解

【F025】 費用のトラブルを起こす事業者は悪徳事業者

【r021】 リスクマネジメントはポイントではなくシステム

【w019】 超高齢社会の不良債権と化す高齢者住宅

【r023】 リスクマネジメントはソフトではなくハードから

リスクマネジメント第二の鉄則は、「ソフトの前にハードの見直し」建物設備設計、備品選択によって、事故・トラブル発生は軽減されるリスクマネジメントの実務といえば、「事故報告書の作成」「リスクマネジメント委…

【w006】 「日本総ゆでガエル」がもたらす未来

【w005】 崩壊している社会保障の蛇口を修理できるの…

【w004】 激増する介護需要、激減する労働人口

【w003】 「85歳超」「1000万人」「35年」時…

TOPIX

NEWS & MEDIA

FAMILY

WARNING

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP