MOVIE

【動 画】 介護休業は親の介護のための休みではない




介護離職者の増加は、社会システムの崩壊につながる巨大リスクです。

そのため政府は、介護離職ストップの切り札として、介護休業・介護休暇制度を推進しています。

しかし、育児休業の女性取得率(出産した女性がいる事業者)は84%であるのに対し、

介護休業の取得率(介護休業を取得した労働者がいる事業者)は、わずか2.2%です。


実際、介護現場で、介護相談を行っている生活相談員やケアマネジャー対象のセミナーでも、

「あなたは、労働者として介護休業や介護休暇を取得しますか?」

「あなたは、介護相談のプロとして、介護休業や介護休暇の取得を家族に勧めますか?」

と聞くと、ほとんどの人が首を横に振ります。

「親の介護期間は、5年、10年、15年続くこともある」

「3ケ月程度、介護のための休みを取っても、意味がない」

介護の相談現場でも、「使えない制度…」と思われているのです。


ここには、大きな誤解があります。

それは、介護休業は、そもそも「子供が親の介護をするための休業期間」ではないのです。

それが、育児休業と基本的に違うところです。

では、介護休業制度は何のための休業制度か・・・

それは、親が要介護状態になったときに、新しい介護生活環境を整えるための制度です。

言い換えれば、それは親のために子供が取得する休業制度ではなく、

子供家族が、自分の仕事や生活を安心して続けるために、取得する休業制度なのです。

ここでは、介護休業制度の目的と役割について、考えます。








関連記事

  1. 安易な老人ホームの証券化はJリートの根幹を揺るがす (中)
  2. 安易な老人ホームの証券化はJリートの根幹を揺るがす (上)
  3. 【動 画】 介護保険制度はどう変わるのか Ⅴ ~二つの介護報酬の…
  4. 【動 画】 介護保険はどう変わるのか Ⅲ ~特別養護老人ホームの…
  5. 未来倶楽部に見る入居一時金の脆弱性(中) ~居住権・商品性~
  6. ドーナツ裁判 「無罪で良かった・・」という話ではない
  7. 【動 画】介護休業は二回に分割して取得するのが基本
  8. 未来倶楽部に見る入居一時金の脆弱性(下) ~長期入居リスク~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP