MOVIE

【動 画】 介護事故の判例を読み解く Ⅲ  ~介護能力の限界とは何か~


介護事故の民事裁判において、予見可能性があっても安全配慮義務が満たされていたと判断されるには
① 事故予防の対策に過失がなかった。できうる限りの対策を取っていた
② 事業者が提案した事故対策に対して、被害者本人が拒否をしたために発生した
という二つのケースに限定されます。

このうち、①のケースが「介護能力の限界」と呼ばれるものです。
介護現場がどれだけ努力をしても、突発的に発生する介護事故をゼロにすることはできません。
ただ、どこまでやっておけば、事業者・スタッフの過失は認められないと判断されるのか、
そのハードルは極めて高いのです。

ここでは、認知症高齢者の転倒事故を例に「過失なし」と判断された事例を読み解きますが、
それは決して、「過失ゼロ」と判断されてよかった・・・という単純なものではありません。
認知症高齢者の事故の判例が事業者に求められるものは、現代の介護現場とは大きくかけ離れています。
このままでは、事故リスクの高い認知症高齢者を受け入れることはできなくなるのです。

「介護能力の限界」に対する判例と、その社会的課題について、考えます。


関連記事

  1. 【動 画】 「介護はプロにまかせよう」 という発想はなぜ間違って…
  2. 社会福祉を食い散らかすシロアリ ~社会福祉法人を利権化する人たち…
  3. 安易な老人ホームの証券化はJリートの根幹を揺るがす (上)
  4. 【動 画】 介護人材確保の未来を読む ~二極化する介護人材・事業…
  5. 介護リスクマネジメントに関するオンラインセミナーをスタートします…
  6. 【動 画】  地域包括ケアとは何かⅠ ~何がかわるのか~
  7. 【動 画】 親が突然要介護になったとき Ⅳ ~認知症かな?と思っ…
  8. サ高住が本当に危ない理由 ~10年で半分は潰れる~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP