MOVIE

【動 画】 親が突然要介護になった時 ~生活環境整備の4つの基本


高齢者になれば、期間の差はあれど、ほとんどの人が要介護・認知症になります。
それは、私もあなたも同じです。
親が要介護状態になるルートは、大きく分けて
「少しずつ身体機能が低下する」「骨折や脳梗塞で入院」「認知症が発症する」に分かれます

ただ、親の介護はどうあるべきか、どのように対応すべきか…という問いに対しては、
「こうすべき、こうあるべき」という決まった答えも、一般論もありません。
それぞれ、親の年齢や要介護状態、子供の仕事や金銭的な事情などを総合的に勘案し、
その後の生活環境の整備を進めていくことになります。

ただ、そこには、失敗しないための4つの原則・鉄則があります。

「介護休業制度を活用して、時間と気持ちの余裕をつくること」
「できる限り、親子共に生活環境・生活スタイルを変えない」
「老人ホームに入るのは、自宅で生活できなくなってから」
「目先ではなく長期的な視点で、介護生活環境を整備すること」

それは、すべての高齢者、また要介護高齢者を抱える家族に共通することです。
ここでは、その4つの鉄則について、なぜそれが必要なのかを解説します。










関連記事

  1. 介護虐待・身体拘束を擁護する声の空しさ
  2. 入管法改正案 ~介護は単純労働なのか~
  3. 【動 画】 親が突然要介護になったとき Ⅱ ~入院から自宅へ戻る…
  4. 介護施設・高齢者住宅のコロナウイルス対策について Ⅰ
  5. AIスピーカーが変える超高齢社会 (下) ~地域・社会・産業~
  6. 安易な老人ホームの証券化はJリートの根幹を揺るがす (上)
  7. 【動画】 2040年の人口動態を読む ~85歳超 1000万人超…
  8. 【動 画】介護リスクマネジメントが進まない理由 ~仕事や負担が増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP