MOVIE

【動 画】 介護事故の判例を読み解く Ⅱ ~自己決定の尊重とは何か~


介護事故の民事裁判において、予見可能性があっても安全配慮義務が満たされていたと判断されるには
① 事故予防の対策に過失がなかった。できうる限りの対策を取っていた
② 事業者が提案した事故対策に対して、被害者本人が拒否をしたために発生した
という二つのケースに限定されます。

この②のケースが「自己決定の尊重」と呼ばれるものです。
「車いすの移乗時は、一人では危ないので介助します」
「転倒時の骨折リスク軽減のため安全マットを設置しましょう」
と本人・家族に提案しても、本人が拒否すれば、無理強いをして行うことはできないからです。

ただ、実際の判例を見ると、
「本人がそう言ったから…」というだけでは、安全配慮義務を満たしているとは言えません。
同様に「ケアプランにサインしてもらっているから…」というだけでも、自己決定にはなりません。

ここでは、病院やデイサービスで発生した介護事故裁判を例に、
介護看護における法的に求められる「安全配慮義務」の範囲とはどこまでなのか…。
そして、介護事故裁判にしないために、また万一裁判になっても負けないために、
介護現場で、また説明の段階でどのような工夫をすればよいのかについて、考えます。






関連記事

  1. 安易な老人ホームの証券化はJリートの根幹を揺るがす (中)
  2. NHK クローズアップ現代 ~相次ぐ老人ホームの閉鎖~ について…
  3. 【動 画】 介護事故の3つの法的責任について考える
  4. 【動 画】 介護事故の民事責任について考える ~安全配慮義務とは…
  5. 未来倶楽部に見る入居一時金の脆弱性(上) ~事件の背景~
  6. サ高住が本当に危ない理由 ~10年で半分は潰れる~
  7. 未来倶楽部に見る入居一時金の脆弱性(中) ~居住権・商品性~
  8. 【動 画】 介護休業は親の介護のための休みではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP