PLANNING

  1. 【p013】 要介護高齢者住宅には適正な規模がある

    要介護高齢者住宅には、ビジネスとして成立する適切な定員規模がある。地域密着型など定員規模が小さくなれば、業務の効率性・商品力は低下する。高齢者住宅のプランニングに不可欠な視点として、「安全性」「可変性…

  2. 【p012】 「建物設備×生活支援サービス」の一体検討が不可欠

    「建物設備」と「介護システム」は一体的なプランニングが不可欠「学生寮・社員寮」的なサービス分離の…

  3. 【p011】 事業性も需要も「要介護高齢者専用住宅」に集約される

    現在の高齢者住宅の制度・商品は、超高齢社会に対応できない。需要や事業性は、「重度要介護高齢者専用…

  4. 【p010】 なぜユニット型個室特養ホームを作ってはいけないのか

    あまりにも惨い、現在のユニット型特養ホームの制度矛盾。「施設だからダメ」なのではなく「非効率すぎ…

  5. 【p009】 「在宅へ・自宅へ」という対策は、なぜ間違っているのか

    高齢者住宅が必要な理由は、「需要の増加」だけではない。「在宅介護」を進めると、確実に介護離職が激…

  6. 【p008】 要介護高齢者対策 4つのポイント ~介護・福祉・住宅・低所得者~

  7. 【p007】 経営者が注力すべきは「顧客満足度」より「従業員満足度」

  8. 【p006】 事業の成否は、「事業リスクマネジメント」で決まる

  9. 【p005】 「住宅だからサービス分離が原則」という素人発想

  10. 【p004】 制度基準に沿って作った高齢者住宅は欠陥商品

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント

    PAGE TOP