PLANNING

  1. 高齢者住宅のトイレ ~トイレ設計・排泄介助考~

    高齢者住宅のトイレ設計×排泄介助の視点から重要になるのが、運動機能の低下による移動支援、及び介護のしやすさへのアプローチ。タイプ別にその動きを業務シミュレーションしていくと、居室内トイレ設計の方向性として、いくつかの論点・可能性が…

  2. 業務シミュレーションの条件 ② ~サービス・業務~

    高齢者住宅は個別ケアが前提だが、一日の生活の流れはある程度決まってくる。朝、昼、夕、深夜と…

  3. 業務シミュレーションの条件 ① ~対象者の整理~

    これからの高齢者住宅は、社会ニーズ、事業性ともに「要介護高齢者住宅」に集約されていくが、そ…

  4. 業務シミュレーションの目的は「強い商品性の探求」

    社会福祉法人に限定されていた介護サービス事業が、介護保険制度によって営利目的の株式会社にも…

  5. 事業シミュレーションの「種類」と「目的」を理解する

    事業計画、事業性検討の中核となる事業シミュレーション。それは一定条件のもとでの収支を予測す…

  6. 「一体的検討」と「事業性検討」中心の事業計画へ

  7. 大半の高齢者住宅は事業計画の段階で失敗している

  8. 労働人口激減というリスクに、介護はどう立ち向かうか ②

  9. 労働人口激減というリスクに、介護はどう立ち向かうか ①

  10. 介護システム 避けて通れない 「看取りケア」の議論

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP