PLANNING

  1. 自然災害に強い高齢者住宅設計のポイントとその基準

    高齢者住宅に対する安全基準のばらつきは、入居者だけでなく事業者にとっても大きなリスク。地震・土砂災害・津波など自然災害に対する建物設備設計のポイントと、災害発生後の生命・生活維持に必要な生活必需品の備蓄、自家発電装置などのエネルギ…

  2. 生活安全性の高い土地の選定ポイントとその視点

    高齢者・要介護高齢者の生活上の事故や介護サービス上の事故は、建物設備設計と大きな関係がある…

  3. 高齢者住宅の防火・防災の安全設計について徹底的に考える

    生活上の安全性の確保は、高齢者住宅事業者の最低限の責務というだけでなく、リスクマネジメント…

  4. 災害安全性の高い土地の選定ポイントとその視点

    高齢者住宅の「火災・自然災害のリスク」は、その土地の特性・立地環境(ロケーション)と大きく…

  5. 業務シミュレーションからわかること ~建物と介護~

    高齢者住宅の基本は「要介護対応の充実」。それは介護スタッフの数・手厚さでなく、建物設備によ…

  6. 業務シミュレーションからわかること ~制度基準とは何か~

  7. 居室・食堂分離型は介護システム構築が困難 (証明)

  8. 居室・食堂分離型建物で【3:1配置】は欠陥商品 (証明)

  9. ユニット型特養ホームに必要な人員は基準の二倍以上 (証明)

  10. 小規模の地域密着型は【2:1配置】でも対応不可 (証明)

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP