PLANNING

  1. ローコスト化と修繕対策の検討

    高齢者住宅のコスト管理は、「ライフサイクルコスト」の検討が必要。高齢者住宅経営には、詳細な長期修繕計画の検討・作成が不可欠。高齢者住宅は、民間の営利事業ですから、安定経営を続けるためにはコスト管理が重…

  2. ユニットケアの利点と課題から見えてきたもの

    10人1ユニットは理想的であるがゆえに、あまりにも非効率ユニットケアを基礎とした効率的・効果的な…

  3. 大きく変わる高齢者住宅の浴室設計

    介護動線・介護連携・事故予防の視点から、浴室も居室と同一フロアが原則大浴槽・特殊浴槽から、安全性…

  4. 居室と食堂は同一フロアが鉄則

    EVが必要な居室・食堂分離タイプは、要介護高齢者の生活に適さない車いす高齢者の動線を中心とした位…

  5. 高齢者住宅には「可変性」「汎用性」がなぜ重要なのか。

    高齢者住宅に不可欠な「汎用性」と「可変性」は、縦と横の関係。「可変性」「汎用性」の検討は、その範…

  6. 建物設備設計の工夫で事故は確実に減らせる

  7. 「安心・快適」の基礎は、災害への安全性の確保

  8. 建物設備設計の基礎となる5つの視点

  9. 地域包括ケアで大きく変わる高齢者住宅ビジネス

  10. 要介護高齢者住宅には適正な規模がある

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP