PLANNING

  1. 業務シミュレーションからわかること ~制度基準とは何か~

    これからの要介護高齢者住宅の商品検討において、まず理解しなければならないことは、老人福祉法や高齢者住まい法などの、法令に示された制度基準・最低基準では、要介護高齢者住宅の建物設備設計や介護システム構築はできないということ。「ラーメ…

  2. 居室・食堂分離型は介護システム構築が困難 (証明)

    居室・食堂分離型は、朝・昼・夕と一日3回食堂まで車いすの入居者を移動させるだけで、相当の労…

  3. 居室・食堂分離型建物で【3:1配置】は欠陥商品 (証明)

    大手、中小を問わず低価格の介護付有料老人ホームは、「居室・食堂分離型」で、かつ「【3:1…

  4. ユニット型特養ホームに必要な人員は基準の二倍以上 (証明)

    ユニット型特養ホームの厳格な「1ユニット10人」「ユニット内食堂・浴室」の建物では、必要な…

  5. 小規模の地域密着型は【2:1配置】でも対応不可 (証明)

    地域密着型など定員が小さくなれば、介護システムの効率性は大きく低下する。【2:1配置】は指…

  6. ユニット型特養ホームは基準配置では介護できない (証明)

  7. 要介護高齢者住宅 業務シミュレーションのポイント

  8. 高齢者住宅の浴室 ~浴室設計×入浴介助 考~

  9. 高齢者住宅の食堂 ~食堂設計×食事介助 考~

  10. 高齢者住宅のトイレ ~トイレ設計・排泄介助考~

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    PAGE TOP