PLANNING

  1. 「安心・快適」の基礎は、災害への安全性の確保

    火災や地震への防災対策は、高齢者住宅の建物設備設計の基本中の基本。「最低基準に合致している」という事業者は、参入する資格なし。ほとんどの高齢者住宅は、「安心・快適」というイメージでセールスされています…

  2. 建物設備設計の基礎となる5つの視点

    高齢者住宅の事業の成否・商品の根幹は、建物設備設計で決まる。高齢者住宅の建物設備設計・備品選択に…

  3. 地域包括ケアで大きく変わる高齢者住宅ビジネス

    地域包括ケアシステムで大きく変わる「高齢者の住まい」それぞれの地域ニーズに適正な商品・サービスを…

  4. 要介護高齢者住宅には適正な規模がある

    要介護高齢者住宅には、ビジネスとして成立する適切な定員規模がある。地域密着型など定員規模が小さく…

  5. 「建物設備×生活支援サービス」の一体検討が不可欠

    「建物設備」と「介護システム」は一体的なプランニングが不可欠「学生寮・社員寮」的なサービス分離の…

  6. 事業性も需要も「要介護高齢者専用住宅」に集約される

  7. なぜユニット型個室特養ホームを作ってはいけないのか

  8. 「在宅へ・自宅へ」という対策は、なぜ間違っているのか

  9. 要介護高齢者対策 4つのポイント ~介護・福祉・住宅・低所得者~

  10. 経営者が注力すべきは「顧客満足度」より「従業員満足度」

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP