PLANNING

  1. 業務シミュレーションからわかること ~建物と介護~

    高齢者住宅の基本は「要介護対応の充実」。それは介護スタッフの数・手厚さでなく、建物設備によって成否が決まると言っても過言ではない。言い換えれば、それは建物設備を見ただけで、強い商品性なのか、脆弱な商品なのかがわかるということ。要介…

  2. 業務シミュレーションからわかること ~制度基準とは何か~

    これからの要介護高齢者住宅の商品検討において、まず理解しなければならないことは、老人福祉法…

  3. 居室・食堂分離型は介護システム構築が困難 (証明)

    居室・食堂分離型は、朝・昼・夕と一日3回食堂まで車いすの入居者を移動させるだけで、相当の労…

  4. 居室・食堂分離型建物で【3:1配置】は欠陥商品 (証明)

    大手、中小を問わず低価格の介護付有料老人ホームは、「居室・食堂分離型」で、かつ「【3:1…

  5. ユニット型特養ホームに必要な人員は基準の二倍以上 (証明)

    ユニット型特養ホームの厳格な「1ユニット10人」「ユニット内食堂・浴室」の建物では、必要な…

  6. 小規模の地域密着型は【2:1配置】でも対応不可 (証明)

  7. ユニット型特養ホームは基準配置では介護できない (証明)

  8. 要介護高齢者住宅 業務シミュレーションのポイント

  9. 高齢者住宅の浴室 ~浴室設計×入浴介助 考~

  10. 高齢者住宅の食堂 ~食堂設計×食事介助 考~

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

    PAGE TOP