2018年 10月

  1. 現行制度継続を前提に介護システムを構築してはいけない

    財政的にも人材的にも、現在の社会保障制度、介護保険制度は、あと10年維持できない。現在の介護保険制度、高齢者住宅制度がそのまま続くという前提で高齢者住宅のビジネスモデル、介護システムを構築してはいけない。その方向性の理解は、これか…

  2. 介護リスクマネジメントはケアマネジメントと一体的

    ケアマネジメント・リスクマネジメントは不可分のもの。ケアマネジメントを充実させればリスクは…

  3. 高齢者住宅に適用される介護保険制度はどうなっていくのか

    今後、激増する重度要介護高齢者の住まいはいまだ絶対的に不足している。「重度要介護高齢者対応…

  4. 区分支給限度額方式で、介護システム構築はできない

    特定施設入居者生活介護と区分支給限度額方式の訪問介護では、介護保険適用となる介護サービスの…

  5. 入居者にとっても無関係でない制度変更リスク

    家族向け 連載 『高齢者住宅・老人ホーム選びは難しくない』 27介護サービス事業・高齢者住…

  6. 事故・トラブルをリスクにしないための相談・説明力

  7. 現在の特養ホーム・老人福祉施設はどこに向かうのか

  8. 「特定施設の配置基準=基本介護システム」という誤解

  9. 最大のリスク 事業者の経営悪化・倒産

  10. 介護リスクマネジメントはソフトではなくハードから

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    PAGE TOP