2018年 6月

  1. 建物設備設計の工夫で事故は確実に減らすことができる

    転倒・転落などの事故の多くは「身体機能の低下」「介助ミス」「建物設備」の複合的要因によって発生する。間接的であっても建物設備が原因の一つとなった事故、避けることのできた重大事故は少なくない。建物設備設計の工夫によって、入居者の事故…

  2. 「看取りケアを行っている高齢者住宅は優秀」は間違い

    「看取り加算届け出=看取りケアができる」という意味ではない。リスクを理解しないまま安易に「看取り対…

  3. どちらを選ぶ ・・ 家族で探す? 紹介業者に頼む?

    激増している「老人ホーム紹介業」。不動産業と老人ホーム紹介業は似ているが、法的・制度的には…

  4. 「インフルエンザ・O157・疥癬…」   感染症・食中毒の発生・蔓延

    高齢者住宅は、様々な人が出入りするため感染症・食中毒が発生しやすく、入居者は抵抗力が低下し…

  5. 「みんなやってる」コンプライアンスが麻痺した素人事業者

    住宅型有料老人ホームやサ高住で行われている「囲い込みビジネス」に内在する介護保険の根幹に関…

  6. 「安心・快適」の基礎は、火災・災害への安全性の確保

  7. どちらを選ぶ ・・ 住み慣れた場所? 家族の近く?

  8. 入居者・家族から寄せられる感情的な不満・苦情・クレーム

  9. 「ケアプランって何」介護保険の基本さえ知らない素人事業者

  10. 高齢者住宅 建物設備設計の基礎となる5つの視点

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP