2018年 8月

  1. 高齢者住宅事業の成否を握る「設計事務所」の選択

    高齢者住宅の成否は、建物設備設計によって決まると言っても過言ではない。その中心となるのが設計事務所・一級建築士の選択。高齢者住宅の建築設計を行う設計事務所、デベロッパーは増えているが、その能力・資質は、二極化している。設計事務所の…

  2. 「火災・地震・自然災害」 防災対策に表れる 事業者の質

    日本は災害大国であり、高齢者住宅は災害弱者の集合住宅。万一、火災や地震が発生すれば多くの人が逃げ遅…

  3. 低価格の介護付有料老人ホームが直面する慢性的スタッフ不足

    低価格の介護付有料老人ホームが直面している「介護スタッフ不足」。介護ビジネスは、介護スタッ…

  4. 長期安定経営に不可欠なローコスト化と修繕対策の検討

    高齢者住宅は不動産事業であり、建物設備など住宅サービスに占める割合が大きい。ローコスト化と…

  5. 「いじめ・認知症…」 トラブルの対応から見える 事業者の質

    入居後に発生する喧嘩やいじめなど、他の入居者との人間関係のトラブル。トラブルや苦情対応の基…

  6. 八割以上のサ高住が直面する 経営悪化 三重苦

  7. ユニットケアの利点と課題から見えてきた高齢者住宅設計

  8. 介護事故の対策とその説明から見える事業者の質・ノウハウ

  9. 「制度の混乱」と「素人事業者」によって生み出された不良債権

2018年 8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP