PLANNING

  1. 「建物設備」×「生活支援サービス」の一体検討が不可欠

    要介護高齢者専用住宅のプランニングは「建物設備」と「介護システム」の一体検討・提供が不可欠。「要介護高齢者はどのような建物設備が生活しやすいか」と「どのような建物設備が介助しやすいか」という効率・効果の追求が「強いビジネスモデル」…

  2. 事業性も需要も「要介護高齢者専用住宅」に集約される

    事業特性、入居者の基本ニーズ、制度の方向性、どれをとっても、これから求められるのは「重度要…

  3. なぜユニット型個室特養ホームを増やしてはいけないのか

    金持ち優先の社会福祉施設、セーフティネットという前代未聞のユニット型特養ホームを作り続けた…

  4. 「在宅へ・自宅へ」という対策は、なぜ間違っているのか

    高齢者住宅の整備が必要な理由は「需要の増加」だけではない。限られた財源、人材を効率的・効果…

  5. 要介護高齢者対策とは ~介護・福祉・住宅・低所得者~ 

    日本の高齢者対策の本丸は、85歳以上の後後期高齢者の激増。重度要介護高齢者の増加によって、…

  6. 経営者が注力すべきは「顧客満足度」よりも「従業員満足度」

  7. 高齢者住宅事業の成否は、「リスクマネジメント」で決まる

  8. 「施設じゃないから介護サービスの分離が原則」は素人発想

  9. 商品を作る ~制度基準に沿って作った高齢者住宅は欠陥品~

  10. 同じ高齢者住宅でも「自立対象」と「要介護対象」は違う商品

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP