TOPIX

  1. 成功する「M&A」と業界再編 Ⅱ ~地域包括ケアを意識~

    高齢者住宅・介護ビジネスは、地域包括ケアシステムの一員。単純な施設数・居室数の増加、全国展開は事業安定とは無関係の、経営者の自己満足でしかない。個々の事業者がそれぞれの地域に根付いた、必要とされるサービスでなければ足元から崩れていく…

  2. 成功する「M&A」と業界再編 Ⅰ ~グランドビジョンを描く~

    高齢者住宅の「M&A」は高いノウハウをもとプロの事業者が、重度化対応力、認知症対応力など「…

  3. 検討資料は、財務諸表ではなく、「重要事項説明書」を読み解く

    損益計算書、貸借対照表などの財務諸表を見るだけでは、高齢者住宅の収支上のリスクを読み解くことできな…

  4. 高齢者住宅のM&A価格は暴落、投げ売り状態になる

    高齢者住宅のM&Aが活性化しているのは「将来性の高い事業だから」ではなく、「熟れきった実が…

  5. 単独では運営できない高齢者住宅 Ⅱ  ~サ高住・住宅型~

    高齢者住宅といっても「自立要支援向け」と「要介護向け」は建物設備も介護システムも全く別もの。かつ「…

  6. 単独では運営できない高齢者住宅 Ⅰ  ~介護付有料老人ホーム~

  7. その収益性は本物なのか Ⅱ ~囲い込み不正による収益~

  8. その収益性は本物なのか Ⅰ ~入居一時金経営のリスク~

  9. 「介護職員 配置基準緩和」は、やるべきことと正反対

  10. なぜ、「高齢者の住まい」の政策は迷走しつづけているのか

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP