TOPIX

  1. 成功する「M&A」と業界再編 Ⅲ  ~「今やるべきではない」~ 

    現在の高齢者住宅の多くは、商品設計・事業計画の段階で破綻している。「M&A」は誰も手を上げず価格が暴落してからの話。規模拡大ではなく、地域単位で入居者の救済目的の事業提携が中心になる。事業譲渡を受ける場合は、債権放棄を含めた有利な…

  2. 成功する「M&A」と業界再編 Ⅱ ~地域包括ケアを意識~

    高齢者住宅・介護ビジネスは、地域包括ケアシステムの一員。単純な施設数・居室数の増加、全国展開は事業…

  3. 成功する「M&A」と業界再編 Ⅰ ~グランドビジョンを描く~

    高齢者住宅の「M&A」は高いノウハウをもとプロの事業者が、重度化対応力、認知症対応力など「…

  4. 検討資料は、財務諸表ではなく、「重要事項説明書」を読み解く

    損益計算書、貸借対照表などの財務諸表を見るだけでは、高齢者住宅の収支上のリスクを読み解くことできな…

  5. 高齢者住宅のM&A価格は暴落、投げ売り状態になる

    高齢者住宅のM&Aが活性化しているのは「将来性の高い事業だから」ではなく、「熟れきった実が…

  6. 単独では運営できない高齢者住宅 Ⅱ  ~サ高住・住宅型~

  7. 単独では運営できない高齢者住宅 Ⅰ  ~介護付有料老人ホーム~

  8. その収益性は本物なのか Ⅱ ~囲い込み不正による収益~

  9. その収益性は本物なのか Ⅰ ~入居一時金経営のリスク~

  10. 「介護職員 配置基準緩和」は、やるべきことと正反対

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP