TOPIX

  1. これからの高齢者住宅のビジネスモデル設計 視点の転換

    これからの高齢者住宅は「困ったことにはなんでも対応します」「安いことは良いことだ」といった表面的・福祉的な概念から転換し、長期安定経営を目的として、ビジネスライクに民間の営利事業として独立することが必要。それが結果的にそれぞれの高…

  2. 自由選択型 高齢者住宅は、「不安定な積み木の家」になる

    反論として「自由選択型は単なる住宅サービス」「要介護対応を約束していない」「要介護になって…

  3. 「早めの住み替えニーズ」 のサ高住でこれから起こること

    現在のサ高住の問題は、不正な囲い込みばかりが注目されるが、同様に自立~軽度要高齢者の多い「…

  4. 要介護対応力(可変性・汎用性)の限界 Ⅲ ~リスク・トラブル~

    自立高齢者向け住宅と要介護高齢者向け住宅は、商品性だけでなく、業務運営上想定すべきリスク・…

  5. 要介護対応力(可変性・汎用性)の限界 Ⅱ ~介護システム~

    要介護状態の重度化(可変性)は、介護サービス量の増加で対応するものだと考えている人が多いが…

  6. 要介護対応力(可変性・汎用性)の限界 Ⅰ ~建物・設備~

  7. 高齢者住宅の「要介護対応力=可変性・汎用性」とは何か 

  8. 「高齢者住宅は要介護対応に関与しない」というビジネスモデルは可能か

  9. 自由選択型高齢者住宅への回帰の動きが加速する背景

  10. 有料老人ホーム 入居一時金方式の課題と未来

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP