TOPIX

  1. 「終身利用」は本当に可能なのか ~脆弱な要介護対応力~

    入居者・家族は「亡くなるまで安心・快適に生活できる」「終の棲家で安心できる」と考えて高額の一時金を支払っている。しかし、終身利用できる権利を保証という一方で、建物設備や介護システムが要介護対応になっておらず、認知症や重度要介護状態…

  2. 脆弱な利用権を前払いさせる 入居一時金方式

    脆弱な利用権契約に基づく一定期間の利用料を、入居時に一括して前払いさせるという「入居一時金…

  3. 有料老人ホーム 「利用権方式」の法的な特殊性

    入居一時金方式は、一般の住宅には適用されない利用権方式という「特殊な居住権」と、終身利用で…

  4. 「囲い込み」を排除できなければ、地域包括ケアシステムは崩壊

    地域包括ケアとコンパクトシティの構想は同じ。その基礎・中心となるのは重度要介護高齢者が安心…

  5. 超高齢社会の不良債権になる「囲い込み高齢者住宅」

    囲い込み高齢者住宅は商品としてあまりにも脆弱。「重度化対応の不備」「事故・トラブルの増加」…

  6. 犯罪者になるケアマネジャー、加害者になる介護スタッフ

  7. 拡大する囲い込み不正 ~介護医療の貧困ビジネス詐欺~

  8. 重度要介護高齢者の生命を奪った「囲い込み」の死亡事故

  9. 「囲い込み」は介護保険制度の根幹に関わる重大な不正

  10. 「囲い込み」の高齢者住宅が激増した3つの原因

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    PAGE TOP