TOPIX

  1. 入居一時金経営 長期入居リスクが拡大している3つの理由

    無理な低価格化、重度化対応の不備など脆弱なビジネスモデルの影響で、拡大する「長期入居リスク」の顕在化。実質的に収支モデルが破綻しているため、事業を継続すればするほど負債ばかりが膨らんでいく。結果、どこかで必ず資金ショートを起こし、…

  2. 前払い入居一時金を運転資金に流用する有料老人ホーム

    自立高齢者を対象とした有料老人ホームと、要介護高齢者を対象とした有料老人ホームは、ビジネス…

  3. 「終身利用」は本当に可能なのか ~脆弱な要介護対応力~

    入居者・家族は「亡くなるまで安心・快適に生活できる」「終の棲家で安心できる」と考えて高額の…

  4. 脆弱な利用権を前払いさせる 入居一時金方式

    脆弱な利用権契約に基づく一定期間の利用料を、入居時に一括して前払いさせるという「入居一時金…

  5. 有料老人ホーム 「利用権方式」の法的な特殊性

    入居一時金方式は、一般の住宅には適用されない利用権方式という「特殊な居住権」と、終身利用で…

  6. 「囲い込み」を排除できなければ、地域包括ケアシステムは崩壊

  7. 超高齢社会の不良債権になる「囲い込み高齢者住宅」

  8. 犯罪者になるケアマネジャー、加害者になる介護スタッフ

  9. 拡大する囲い込み不正 ~介護医療の貧困ビジネス詐欺~

  10. 重度要介護高齢者の生命を奪った「囲い込み」の死亡事故

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    PAGE TOP