TOPIX

  1. その収益性は本物なのか Ⅱ ~囲い込み不正による収益~

    介護保険法・ケアマネジメントの基本を無視した「囲い込み」の横行。その不正に対する監視の目、報酬削減は加速していく。経営者は「知らなかった」では済まされない。高額の返還請求、ビジネスモデル崩壊に留まらず、詐欺行為として摘発されスタッフも刑事…

  2. その収益性は本物なのか Ⅰ ~入居一時金経営のリスク~

    入居一時金経営(利用料の前払い方式)を行っている高齢者住宅には、財務諸表には表れない長期入居リスク…

  3. 「介護職員 配置基準緩和」は、やるべきことと正反対

    特養ホーム・民間の高齢者住宅を含め、現在の「高齢者の住まい」の政策に欠けているものは「公正・公平」…

  4. なぜ、「高齢者の住まい」の政策は迷走しつづけているのか

    国交省と厚労省の利権争いの中で迷走を続ける「高齢者の住まい」の法制度。拡大する制度矛盾の中で、民間…

  5. 高齢者住宅「M&A」は、いまの収益ではなく、これからのリスクを把握

    高齢者住宅の安定経営を阻害するリスクは、「経営上のリスク」と「サービス上のリスク」に大別される。そ…

  6. 「介護職員配置 基準緩和」が行きつく先は 高額化と二極化

  7. 「介護職員配置 基準緩和」の課題と論点 Ⅵ ~ICTで人員軽減は可能か ②~ 

  8. 「介護職員配置 基準緩和」の課題と論点 Ⅲ ~ICTで人員軽減は可能か ①~ 

  9. 高齢者住宅のM&Aの難しさ ~購入後に商品・価格を変えられない~

  10. 「介護職員配置 基準緩和」の課題と論点 Ⅱ ~【3:1配置】とは何か ②~ 

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP