PLANNING

  1. 長期安定経営に不可欠なローコスト化と修繕対策の検討

    高齢者住宅は不動産事業であり、建物設備など住宅サービスに占める割合が大きい。ローコスト化と言えば、建築時・開設時の「イニシャルコスト」だけを求める人が多いが、長期安定経営のためには、修繕や保守費用(ランニングコスト)を含めた「ライ…

  2. ユニットケアの利点と課題から見えてきた高齢者住宅設計

    重度要介護高齢者住宅は、居室・浴室食堂同一フロア・同一介護システムのユニットケアが原則。た…

  3. 大きく変わる 高齢者住宅の浴室脱衣室設計・入浴設備

    介護動線・介護連携・事故予防の視点から、浴室は居室と同一フロアが原則。これまで主流だった大…

  4. 要介護高齢者住宅は「居室・食堂同一フロア」が鉄則

    居室・食堂分離タイプの建物設計は、朝食・昼食・夕食の3回の食事にエレベーター移動が必要とな…

  5. 高齢者住宅設計に不可欠な「可変性」「汎用性」の視点

    可変性・汎用性の充実を口にする高齢者住宅、介護機器メーカーは増えているが、これは「対象者の…

  6. 建物設備設計の工夫で事故は確実に減らすことができる

  7. 「安心・快適」の基礎は、火災・災害への安全性の確保

  8. 高齢者住宅 建物設備設計の基礎となる5つの視点

  9. 地域包括ケアへの転換で大きく変わる高齢者住宅ビジネス

  10. 地域密着型など小規模の高齢者住宅はなぜ失敗するのか 

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP