PLANNING

  1. 建物設備設計の工夫で事故は確実に減らすことができる

    転倒・転落などの事故の多くは「身体機能の低下」「介助ミス」「建物設備」の複合的要因によって発生する。間接的であっても建物設備が原因の一つとなった事故、避けることのできた重大事故は少なくない。建物設備設計の工夫によって、入居者の事故…

  2. 「安心・快適」の基礎は、火災・災害への安全性の確保

    高齢者・要介護高齢者は災害弱者であり、火災や地震などの自然災害が発生すれば多くの人が逃げ遅…

  3. 高齢者住宅 建物設備設計の基礎となる5つの視点

    高齢者住宅の基礎は、介護・食事などの生活支援サービスではなく、住宅サービス。事業の成否・商…

  4. 地域包括ケアへの転換で大きく変わる高齢者住宅ビジネス

    地域包括ケアによって、大きく変わる高齢者住宅ビジネス。「サ高住か有料老人ホームか」「介護付…

  5. 地域密着型など小規模の高齢者住宅はなぜ失敗するのか 

    要介護高齢者住宅が一つの商品・サービスとして成立するためには適切な規模がある。「地域密着型…

  6. 「建物設備」×「生活支援サービス」の一体検討が不可欠

  7. 事業性も需要も「要介護高齢者専用住宅」に集約される

  8. なぜユニット型個室特養ホームを増やしてはいけないのか

  9. 「在宅へ・自宅へ」という対策は、なぜ間違っているのか

  10. 要介護高齢者対策とは ~介護・福祉・住宅・低所得者~ 

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP