2018年 4月

  1. 「在宅へ・自宅へ」という対策は、なぜ間違っているのか

    高齢者住宅の整備が必要な理由は「需要の増加」だけではない。限られた財源、人材を効率的・効果的に運用するには、重度要介護高齢者には集まって生活してもらうことが必要。重度要介護・認知症高齢者は一人で生活できないため、在宅介護を進めると…

  2. どちらを選ぶ ・・ 有料老人ホームか? サ高住か?

    高齢者住宅選びにおいて、「有料老人ホームか、サ高住か」の議論には意味がない。しかし、現在の…

  3. 入居者が確保できない・介護スタッフが集まらない

    多くの高齢者住宅・介護サービス事業で直面している入居者不足、介護スタッフ不足。その大半の原…

  4. 「あまりにも不公平で非効率」 ユニット型特養ホーム

    特養ホームは「重度要介護高齢者の住まい」としては理想的。しかし、その設置・運営には莫大な費…

  5. 地域包括ケアシステムに必要な「4つ」の構成要素

    地域包括ケアシステムは、各自治体の高齢者介護・医療サービスの整備計画を立案するという単純な…

2018年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

    PAGE TOP