PLANNING

  1. ユニット型特養ホームに必要な人員は基準の二倍以上 (証明)

    ユニット型特養ホームの厳格な「1ユニット10人」「ユニット内食堂・浴室」の建物では、必要な介護スタッフは指定基準【3:1配置】の2倍、地域密着型では2.5倍。それ以下では、入居者の生活だけでなく、介護スタッフに過重な負荷がかかり、…

  2. 小規模の地域密着型は【2:1配置】でも対応不可 (証明)

    地域密着型など定員が小さくなれば、介護システムの効率性は大きく低下する。【2:1配置】は指…

  3. ユニット型特養ホームは基準配置では介護できない (証明)

    現在のユニット型特養ホームに見られる、厳格な「10人1ユニット」「ユニット毎に食堂・浴室型…

  4. 要介護高齢者住宅 業務シミュレーションのポイント

    介護システムは、高齢者住宅という商品の中核となるサービス。「特定施設入居者生活介護の指定基…

  5. 高齢者住宅の浴室 ~浴室設計×入浴介助 考~

    高齢者住宅における入浴介助は、旧来の「集団入浴介助」から「個別入浴介助」へと移行する途中に…

  6. 高齢者住宅の食堂 ~食堂設計×食事介助 考~

  7. 高齢者住宅のトイレ ~トイレ設計・排泄介助考~

  8. 業務シミュレーションの条件 ② ~サービス・業務~

  9. 業務シミュレーションの条件 ① ~対象者の整理~

  10. 業務シミュレーションの目的は「強い商品性の探求」

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    PAGE TOP