PLANNING

  1. ユニット型特養ホームは基準配置では介護できない (証明)

    現在のユニット型特養ホームに見られる、厳格な「10人1ユニット」「ユニット毎に食堂・浴室型」の建物の場合、介護看護スタッフの指定基準である【3:1配置】では最低限の介護サービスさえ提供できない。【2.5:1配置】でも、手厚い介護配…

  2. 要介護高齢者住宅 業務シミュレーションのポイント

    介護システムは、高齢者住宅という商品の中核となるサービス。「特定施設入居者生活介護の指定基…

  3. 高齢者住宅の浴室 ~浴室設計×入浴介助 考~

    高齢者住宅における入浴介助は、旧来の「集団入浴介助」から「個別入浴介助」へと移行する途中に…

  4. 高齢者住宅の食堂 ~食堂設計×食事介助 考~

    食事介助は、排泄介助のような一対一の個別介助ではなく、見守り、声掛け、配膳、送迎などを含む…

  5. 高齢者住宅のトイレ ~トイレ設計・排泄介助考~

    高齢者住宅のトイレ設計×排泄介助の視点から重要になるのが、運動機能の低下による移動支援、及…

  6. 業務シミュレーションの条件 ② ~サービス・業務~

  7. 業務シミュレーションの条件 ① ~対象者の整理~

  8. 業務シミュレーションの目的は「強い商品性の探求」

  9. 事業シミュレーションの「種類」と「目的」を理解する

  10. 「一体的検討」と「事業性検討」中心の事業計画へ

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    PAGE TOP