PLANNING

  1. 運営中の高齢者住宅 「介護システムの脆弱性」を指摘する

    高齢者住宅の介護システムの可否は、リスクマネジメントに集約される。現在の低価格の介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サ高住の介護システムは何が間違っているのか。何故、経営・サービスが安定しないのか。現在運営中の高齢者住宅の…

  2. 現行制度継続を前提に介護システムを構築してはいけない

    財政的にも人材的にも、現在の社会保障制度、介護保険制度は、あと10年維持できない。現在の介…

  3. 区分支給限度額方式で、介護システム構築はできない

    特定施設入居者生活介護と区分支給限度額方式の訪問介護では、介護保険適用となる介護サービスの…

  4. 「特定施設の配置基準=基本介護システム」という誤解

    低価格の介護付有料老人ホームの経営・サービスが安定しない最大の原因は、「特定施設入居者生活…

  5. 高齢者住宅事業の成否を握る「設計事務所」の選択

    高齢者住宅の成否は、建物設備設計によって決まると言っても過言ではない。その中心となるのが設…

  6. 長期安定経営に不可欠なローコスト化と修繕対策の検討

  7. ユニットケアの利点と課題から見えてきた高齢者住宅設計

  8. 大きく変わる 高齢者住宅の浴室脱衣室設計・入浴設備

  9. 要介護高齢者住宅は「居室・食堂同一フロア」が鉄則

  10. 高齢者住宅設計に不可欠な「可変性」「汎用性」の視点

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP