PLANNING

  1. 要介護高齢者住宅の介護システム 構築から運用への視点

    これからの要介護高齢者住宅の商品性、ターゲット検討は、現在の『制度ありき』の高齢者住宅と全く違う。介護システムの構築は、介護サービス量の増加だけでなく、看護、相談、管理など多岐にわたる。介護システム設計は構築だけでなく、「教育・研…

  2. 高齢者住宅では対応できない「非対象」高齢者を理解する

    入居者には 「高齢者住宅は自宅と同じ」であっても、事故・トラブルに対する「事業者の責任」は…

  3. 要介護高齢者住宅 基本介護システムのモデルは二種類

    高齢者住宅の重度化対応の基本介護システムは、「重度専用型」「中度~重度可変型」のどちらかに…

  4. 介護システム構築 ツールとしての特定施設入居者生活介護

    特定施設入居者生活介護は、介護付有料老人ホームの基本介護システムではなく、それぞれの事業者…

  5. 重度要介護高齢者に対応できる介護システム設計 4つの鉄則

    高齢者住宅は「制度」ではなく「商品」であるとの理解が必要。これからの要介護高齢者住宅の商品…

  6. 運営中の高齢者住宅 「介護システムの脆弱性」を指摘する

  7. 現行制度継続を前提に介護システムを構築してはいけない

  8. 区分支給限度額方式で、介護システム構築はできない

  9. 「特定施設の配置基準=基本介護システム」という誤解

  10. 高齢者住宅事業の成否を握る「設計事務所」の選択

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP