WARNING不良債権化する高齢者住宅

  1. 欠陥高齢者住宅は経営者が変わっても事業再生は不可能

    高齢者住宅倒産の原因は、経営の失敗ではなく、商品設計・事業計画の失敗。飲食業のように価格設定や建物設備、サービスなどのビジネスモデルを変更することはできないため、経営者が変わっても事業の再生は実質的に不可能。【連 載】 超…

  2. 「だまされた!!」 放り出されるサ高住の個人経営者と入居者

    全サービス分離型の個人経営サ高住の最大の問題は、「私たちには責任はない」という素人事業者、…

  3. 低価格の介護付有料老人ホームが直面する慢性的スタッフ不足

    低価格の介護付有料老人ホームが直面している「介護スタッフ不足」。介護ビジネスは、介護スタッ…

  4. 八割以上のサ高住が直面する 経営悪化 三重苦

    今後、現在の8割以上を占める「囲い込み型」サ高住のビジネスモデルが直面する「事故・トラブル…

  5. 「制度の混乱」と「素人事業者」によって生み出された不良債権

    軽度のときは高齢者住宅、重度になれば特養ホームは「絵に描いた餅」。現在運営中の大半の高齢者…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP