PLANNING高齢者住宅 建物設備設計の鉄則

  1. 【p023】 最も重要なのは「設計事務所」の選択

    高齢者住宅の成否は、建物設備設計によって決まると言っても過言ではない高齢者住宅の設計事務所・一級建築士の能力・資質は、二極化している高齢者住宅の事業計画に不可欠なのが、設計士・設計…

  2. 【p022】 ローコスト化と修繕対策の検討

    高齢者住宅のコスト管理は、「ライフサイクルコスト」の検討が必要。高齢者住宅経営には、詳細な長期修…

  3. 【p021】 ユニットケアの利点と課題から見えてきたもの

    10人1ユニットは理想的であるがゆえに、あまりにも非効率ユニットケアを基礎とした効率的・効果的な…

  4. 【p020】 大きく変わる高齢者住宅の浴室設計

    介護動線・介護連携・事故予防の視点から、浴室も居室と同一フロアが原則大浴槽・特殊浴槽から、安全性…

  5. 【p019】 居室と食堂は同一フロアが鉄則

    EVが必要な居室・食堂分離タイプは、要介護高齢者の生活に適さない車いす高齢者の動線を中心とした位…

  6. 【p018】 高齢者住宅には「可変性」「汎用性」がなぜ重要なのか。

  7. 【p017】 建物設備設計の工夫で事故は確実に減らせる

  8. 【p016】 「安心・快適」の基礎は、災害への安全性の確保

  9. 【p015】 建物設備設計の基礎となる5つの視点

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    PAGE TOP