PLANNING高齢者住宅 建物設備設計の鉄則

  1. 高齢者住宅事業の成否を握る「設計事務所」の選択

    高齢者住宅の成否は、建物設備設計によって決まると言っても過言ではない。その中心となるのが設計事務所・一級建築士の選択。高齢者住宅の建築設計を行う設計事務所、デベロッパーは増えているが、その能力・資質は、二極化している。設計事務所の…

  2. 長期安定経営に不可欠なローコスト化と修繕対策の検討

    高齢者住宅は不動産事業であり、建物設備など住宅サービスに占める割合が大きい。ローコスト化と…

  3. ユニットケアの利点と課題から見えてきた高齢者住宅設計

    重度要介護高齢者住宅は、居室・浴室食堂同一フロア・同一介護システムのユニットケアが原則。た…

  4. 大きく変わる 高齢者住宅の浴室脱衣室設計・入浴設備

    介護動線・介護連携・事故予防の視点から、浴室は居室と同一フロアが原則。これまで主流だった大…

  5. 要介護高齢者住宅は「居室・食堂同一フロア」が鉄則

    居室・食堂分離タイプの建物設計は、朝食・昼食・夕食の3回の食事にエレベーター移動が必要とな…

  6. 高齢者住宅設計に不可欠な「可変性」「汎用性」の視点

  7. 建物設備設計の工夫で事故は確実に減らすことができる

  8. 「安心・快適」の基礎は、火災・災害への安全性の確保

  9. 高齢者住宅 建物設備設計の基礎となる5つの視点

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    PAGE TOP