PLANNING事業の成否はプランニングで決まる

  1. 経営者が注力すべきは「顧客満足度」より「従業員満足度」

    高齢者介護は、専門的な技術や知識が必要なプロフェッショナルの仕事経営者の第一の仕事は、介護看護スタッフが気持ちよく働ける労働環境の整備大手・中小を含め介護サービス事業、高齢者住宅事業の経営者の方々と話…

  2. 事業の成否は、「事業リスクマネジメント」で決まる

    高齢者住宅の「経営上のリスク」と「業務上のリスク」を理解する。リスクマネジメントは、経営実務では…

  3. 「住宅だからサービス分離が原則」という素人発想

    高齢者住宅は、一つの商品・システムだという視点が不可欠高齢者住宅プランニングに不可欠な5つの視点…

  4. 制度基準に沿って作った高齢者住宅は欠陥商品

    制度整備基準に沿って作られた有料老人ホーム・サ高住は欠陥商品「介護付」というだけでは、「重度要介…

  5. 「自立・軽度要介護」と「重度要介護」では商品が違う

    なぜ老人福祉施設は、「軽費」「養護」「特養」に分かれているのかそれは、要介護状態によって「必要な…

  6. 不安定な制度に依存する高齢者住宅事業

  7. 「需要が高いから、事業性が高い」は大間違い

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP