PLANNING介護システム設計の鉄則

  1. 労働人口激減というリスクに、介護はどう立ち向かうか ②

    高齢者介護は、労務集約的な仕事だが、単純労働ではなく、高度な知識、技術が必要な専門的な仕事。「仕事がないから介護でも・・」という人材はいくら集めても、質の高い介護はできない。「介護のプロになりたい」という意欲のある人材を集めるため…

  2. 労働人口激減というリスクに、介護はどう立ち向かうか ①

    生産年齢人口の激減によって、介護スタッフの確保はより難しくなる。その対策のためには、より戦…

  3. 介護システム 避けて通れない 「看取りケア」の議論

    看取りケアは、一人の人間の生死に関わる非常に高度なケアであり、法的にも制約が多く、かつ精神…

  4. 要介護高齢者住宅の介護システム 構築から運用への視点

    これからの要介護高齢者住宅の商品性、ターゲット検討は、現在の『制度ありき』の高齢者住宅と全…

  5. 高齢者住宅では対応できない「非対象」高齢者を理解する

    入居者には 「高齢者住宅は自宅と同じ」であっても、事故・トラブルに対する「事業者の責任」は…

  6. 要介護高齢者住宅 基本介護システムのモデルは二種類

  7. 介護システム構築 ツールとしての特定施設入居者生活介護

  8. 重度要介護高齢者に対応できる介護システム設計 4つの鉄則

  9. 運営中の高齢者住宅 「介護システムの脆弱性」を指摘する

  10. 現行制度継続を前提に介護システムを構築してはいけない

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    PAGE TOP