2018年 3月 07日

  1. 高齢者住宅事業の成否は、「リスクマネジメント」で決まる

    高齢者住宅の長期安定経営のためには、「経営上のリスク」と「業務上のリスク」を理解、予防、対策が不可欠。しかし、リスクマネジメントは、経営実務ではなく、商品設計・プランニング上の課題。言い換えれば、商品設計・事業計画の段階で、事業の…

  2. 「介護できないのが申し訳ない」と悔やむ必要はない

    高齢者住宅・老人ホームへの転居は「親が近くのアパートに引っ越してきた」のと同じ。家族の役割…

  3. 「まずは自治体倒産」  崩壊している社会保障の蛇口

    85歳以上の後後期高齢者の増加によって介護費用・医療費用は激増。現在の社会保障制度がそのま…

  4. サ高住が本当に危ない理由 ~10年で半分は潰れる~

    安否確認が義務づけられたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で、2015年1月から1年半の間に、死…

  5. 地域包括ケア時代に起こること ~責任は国から自治体へ~

    地域包括ケアシステム構築の目標は2025年。今後、それに向けて介護や医療政策に関する権限が…

2018年3月
    4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP