PLANNING

【p018】 高齢者住宅には「可変性」「汎用性」がなぜ重要なのか。

高齢者住宅に不可欠な「汎用性」と「可変性」は、縦と横の関係。

「可変性」「汎用性」の検討は、その範囲と安全性の理解が必要。


 

最近、高齢者住宅業界では、「可変性」「汎用性」という言葉が一つのブームになっています。
入居者向けのセールストークでも使っていますし、福祉機器展、バリアフリー展での福祉機器メーカーのブースでも、「可変対応を強化しています・・」「汎用性の高い商品です・・」といった言葉をよく聞くようになりました。
建物設備設計の基礎となる5つの視点🔗で述べたように、高齢者住宅の建物設備設計、備品選択には、要介護状態への重度化への対応力(可変性)、多様な要介護状態への対応力(汎用性)の視点が不可欠です。

ただ、話をきいていると、「可変性・汎用性」という言葉ばかりが先走りをして、その中身・内容・重要性が十分に検討できていないものも多いように感じます。また、「可変性」と「汎用性」の役割や意味が混同しているケースも少なくありません。
ここでは、高齢者住宅の建物設備設計と「可変性・汎用性」の関係について、整理します。

 

~可変性・汎用性の関係~

まず、可変性は、要介護状態の重度化への対応です。
高齢者の最大の特性は、加齢によって、様々な身体機能が少しずつ低下していくことにあります。疾病や転倒事故によって、急激に要介護状態が重度化することもあります。介護予防やリハビリは重要ですが、「老化」という動物としての自然現象は止めることはできません。

これに対して、汎用性は要介護状態の多様性への対応です。
要介護高齢者といっても、それぞれに要介護状態は一人一人違います。「認知症ではないが、身体機能が低下」「身体機能は高いが認知症」と大きくわけても、その建物設備・介護の考え方は全く違いますし、視覚障害、聴覚障害のある高齢者への対応、右麻痺・左麻痺・下肢麻痺など、麻痺や筋力低下の部位によっても、適した建物設備、ケアの方法は変わってきます。
以下のように、「障害者と高齢者」「自宅と高齢者住宅」に分けて、住宅改修・備品選択など生活環境を整えるために必要な可変性・汎用性について整理すると、その違いが見えてきます。

まず、若年障害者への生活環境の整備です。
交通事故の下肢切断などで身体に障害がある場合、一般的にその障害は固定され、変動しません。そのため、本人の障害状態に合わせた生活環境の整備が必要です。進行性の病気による障害でない限り可変性や汎用性は必要ありません。本人の障害にピッタリ合わせたものを作ればよいのです。

要介護高齢者の自宅の住宅改修の場合も、現在の要介護状態に合わせて、生活しやすいように設計、備品を選択するという点は同じです。ただ、要介護高齢者の場合は、要介護状態が加齢によって変化、重度化していきますから、「今だけよければいい」というものではありません。広い「汎用性」は必要ありませんが、「可変性」は必要です。

これに対して、高齢者住宅は様々な要介護度、要介護状態の高齢者が利用するということが前提です。
また、どのような要介護度、要介護状態の高齢者が、どの程度の割合で入居してくるのかを、開設前に完全に予測することはできませんから、入居者の使いやすさだけでなく、介護スタッフの介助しやすさ、サービス管理という視点からも重要です。
そのために、高齢者住宅の建物設備設計、備品選択には、「可変性」とともに、広範囲の「汎用性」の視点が必要になるのです。

 

可変性・汎用性と建物設備~

「高齢者住宅の建物設備設計・備品選択には、「可変性」「汎用性」の視点が必要だ」「可変性・汎用性の高い商品を選びましょう」というのはその通りなのですが、場所や備品によって、その考え方は少しずつ違います。

一つは、共同の浴室やトイレ、食堂などの共用設備です。
共用設備は、どのような要介護状態の高齢者も、使いやすいように完全に個別にカスタマイズすることはできません。そのため、軽度要介護・重度要介護、独歩・車いす、右麻痺・左麻痺など、「使いやすい」というよりも、「一定の人しか使えない、使いにくい」ということが極力ないように設計、選択しなければなりません。
例えば、「移乗・移動介助の難しい関節拘縮の寝たきりの高齢者にも対応」という特殊浴槽は、「認知症のない、関節拘縮の寝たきり高齢者しか使えない」ということになれば、利用範囲は限定されます。「特殊浴槽はダメだ・・」という単純は話ではありませんが、安いものではありませんから、「どのような要介護状態の高齢者が使いやすいのか」「どのような高齢者には使えないのか」、どの程度のニーズ・利用頻度があるのかを詳細に検討しなければなりません。

二つ目は、各居室の環境整備です。
共用部と各居室のトイレの違いを考えてみましょう。
車いすの要介護高齢者でも、排泄介助が必要ない高齢者、介護スタッフの移動・移乗・排せつ介助が必要な高齢者に分かれますし、右麻痺・左麻痺それぞれどの方向が入りやすいのか、介助しやすいのか、どこに手すりがあればよいのかは変わってきます。共用部のものは、一つのトイレで実現しなければならないのですから、色々なところに手すりのついた、少し広めのもの・・ということになります。

これに対して、各居室内のトイレを使うのは、その居住者一人だけです。
ただ、そこに入居するのは独歩の人か、車いすの人か、また右麻痺か左麻痺か、はたまたはじめからオムツ介助でトイレは利用しないのか・・など、それぞれに違います。
そのため、共用トイレのような「どんな高齢者でも使いやすいフル装備」のものを各居室につくるのではなく、「手すりの形状・高さが着脱できる」などの周辺機器の使用も想定しながら、限られた空間の中で、その高齢者がもっとも排泄しやすくカスタマイズできるように設計するという視点が必要です。

三点目は、備品選択です。
福祉用具、福祉機器は、様々要介護状態に対応できるように多様化しています。
例えば、お箸やスプーンがうまく使えない人の自助具は、本人が最も使いやすいものを選ぶことになります。車いすは福祉用具のレンタルが利用できますから、その時々の要介護状態に沿って、またクッションなどの周辺機器も併せて、最も安全に使いやすい、操作しやすいものを選びます。
ただ、高齢者住宅での入居希望者の見学用や、外出イベントなどの臨時利用のために車いすを購入する場合は「汎用性」の視点が必要です。
横幅の大きな高齢者や小さな高齢者でも利用できるように、車椅子の高さや座面の幅を変更できるものもありますし、足置きやひじ掛けを取り外しできるものもあります。
「一人だけが使うのか」「たくさんの人が使うのか」を理解して、選択する必要があるのです。

 

ここまで、「可変性・汎用性」について述べてきました。
この可変性や汎用性の強化は、「安全性」に直結します。
建物設備設計で事故は確実に減らせる🔗で述べたように、生活上の事故は身体機能の変化と建物設備のズレ・ブレによって発生します。それぞれの入居者の要介護状態の多様性や変化に、建物設備が合わせられれば、確実に事故は削減することができます。

ただ、一方でその範囲には限界があり、「可変性だ、汎用性だ」と盲目的にターゲットを広げればよいというものではないという点にも注意が必要です。
「自立・軽度要介護」と「重度要介護」では商品が違う🔗で述べたように、自立高齢者と重度要介護高齢者とでは、高齢者住宅の商品・建物設備の考え方は基本的に違いますし、要介護高齢者でも「認知症ではないが、身体機能が低下」「身体機能は高いが認知症」というタイプの全く違う高齢者に、一つの建物設備では対応できません。

対象者と商品性の関係を言えば、ターゲットが広がれば広がるほど、入居対象者は増えますが、多様なニーズに対応しなければならないため、それだけ高額な商品となります。逆に、ターゲットを絞るとそれだけ商品設計・サービス管理は容易ですし、価格を抑えられますが、対象は限定されます。

つまり、「可変性・汎用性の検討」は不可欠ですが、同時に「汎用性・可変性は広い方が良い」という単純な話ではなく、その前提として「その地域にどのようなニーズがあるのか」「どのような高齢者を対象とするのか」「どこまで対応できるのか」をしっかりと検討しなければならないのです。

NEXT  ☞  居室と食堂は同一フロアが原則

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【p009】 「在宅へ・自宅へ」という対策は、なぜ間違っている…
  2. 【p002】 不安定な制度に依存する高齢者住宅事業
  3. 【p020】 大きく変わる高齢者住宅の浴室設計
  4. 【p003】 「自立・軽度要介護」と「重度要介護」では商品が違…
  5. 【p001】 「需要が高いから、事業性が高い」は大間違い
  6. 【p011】 事業性も需要も「要介護高齢者専用住宅」に集約され…
  7. 【p010】 なぜユニット型個室特養ホームを作ってはいけないの…
  8. 【p007】 経営者が注力すべきは「顧客満足度」より「従業員満…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP