FAMILY

【F001】 ~はじめに~ 高齢者住宅選びには「ポイント」と「コツ」がある

高齢者住宅選びが難しい理由は、「制度の混乱」「素人事業者の増加」

「どのような高齢者住宅が良い高齢者住宅なのか」は、一人一人違う


 

介護問題の本丸は、自宅で生活できない重度要介護・認知症高齢者の増加です。
その指標となるのが、重度要介護発生率が一気に上がる85歳以上の後後期高齢者です。
85歳以上の要介護発生率は60%、また4人に1人は一人で生活することが難しい要介護3以上の重度要介護状態になります。団塊世代の後後期高齢化によって、85歳以上人口は、2035年には現在の2倍の1000万人に、更に、その3人に2人は独居、高齢夫婦のみの世帯です。

介護保険制度の要介護度は「必要な介護サービス時間」をもとに判定されるため、要介護1~5は「介護サービス量の違い」「サービス量を増やせばよい」と考える人が多いのですが、実際の高齢者の生活を考えると、それだけではありません。
要介護3以上の重度要介護状態になると「入浴介助だけ」「食事介助だけ」ではなく「移動、移乗、排泄」など日常生活行動すべてにおいて、介助が必要になります。また、認知症になると、不安から急に混乱したり、異常な行動を起こすこともあり、継続的な見守り、適切な声掛けが必要です。訪問介護や通所介護などの介護サービスの回数を増やすだけでは、その介護生活を支えることは難しいのです。


特別養護老人ホームの整備には莫大な社会保障費と介護人材が必要となるため、需要の増加に合わせて作り続けることは100%不可能です。いまでも待機者は30万人を超えていますが、その数は今後、間違いなく50万、100万、150万人と、一気に増えていきます。
そのため、特養ホームではなく、要介護高齢者に対応できる民間の高齢者住宅の整備が必要です。

その理由は、需要の増加だけではありません。
重度要介護高齢者が集まって生活すると、継続的・包括的、かつ効率的・効果的なサービスが可能となるため、介護人材や介護財政の効率的な運用につながります。将来、多くの要介護高齢者は、民間の高齢者住宅で集まって暮らすことになるでしょう。

 

~制度の混乱・素人事業者の混乱~

しかし、現状を見ると、高齢者や家族が「安心して生活できる高齢者住宅を探す」ということは、そう容易なことではありません。

高齢者住宅を探し始めた高齢者、家族が、まず直面するのが、制度の混乱です。
高齢者住宅の制度には、厚労省の有料老人ホームと国交省のサービス付き高齢者向け住宅があります。その他、特別養護老人ホームやケアハウスなどの福祉施設もあり、「あれは施設だ、こっちは住宅だ・・」と言われても、選ぶ側から見れば何が違うのかよくわかりません。
これは、介護付・住宅型も同じです。
介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームがありますが、どちらも「介護付だから安心」「訪問介護併設で安心」と同じような説明を受けます。なぜ二つの制度に分かれているのか、どのような基準で選べば良いのか、勉強すればするほど、疑問は深まるばかりです。

二つ目の課題は、事故やトラブルの増加です。
2017年度の介護サービス事業者の倒産件数は111件と過去最高を更新、サ高住の廃業や登録取り消しも263件に上ります。その数は、今後、どんどん増えていきます。現在、経営中の高齢者住宅でも、入居率が半分程度、1/3程度というところは多く、今後も、倒産事業者の増加は避けられない状況です。
高齢者住宅は、要介護高齢者の生活の基盤となる住宅サービスです。事業者が倒産し、食事や介護などのサービスがストップすれば、生活を続けることはできません。
また、「安心・快適」と聞いて入居したはずなのに、「入浴中に1時間30分も放置され溺死」「介護スタッフによる暴言・暴行」「介護スタッフによる入居者の投げ落とし殺人」など信じられないような報道が相次いています。
「民間の高齢者住宅・老人ホームは不安、怖い」という思いはほぼすべての人が持っているでしょう。

もう一つの難しさは商品の多様化です。
特別養護老人ホームは、老人福祉施設ですから、全国一律のサービスが提供されています。東京でも大阪でも、翁縄でも北海道でも、サービスの内容は同じです(サービスの質・スタッフの質は違いますが)。これに対して、同じ介護付有料老人ホームといっても、サービス内容、介護看護スタッフの配置は、それぞれに違います。価格設定も二極化しており、高額な入居一時金が必要な有料老人ホームもあれば、20万円以下で入居できるところもあります。

「高額なところはサービスが良いだろう」と思いがちですが、そうではありません。
プロの目から見ても、「どうしてこのサービス内容でこんなに高額なのだろう・・」と首をかしげるようなところもありますし、逆に、「この金額ではまともな経営できないだろう・・」と異常に低価格なところもあります。
「大手なら大丈夫だろう」というのも間違いです。
先ほど述べた、浴室での放置死、介護スタッフによる介護殺人が起きているのは、最大手と言われる高齢者住宅、介護サービス企業です。大手事業者の中にも、「実質的に経営もサービスも破綻している」ところもたくさんあります。すべてそうだというわけではありませんが、急速な拡大一辺倒で進められてきたため、介護スタッフの教育や育成ができておらず、「規模は大きいけれど、中身はスカスカ」という素人事業者も多いのです。

 

~どのような基準・視点で選べばいいかわからない~

高齢者住宅事業は、まだ介護保険制度以降に増加した新しいサービスであり、サービスも価格も、そして経営も制度もまだまだ安定していません。加えて、高齢者、家族も、高齢者住宅選びは初めてなので、その多様化しているサービス・商品の中から、どのような基準で選べば良いのか、わからないのです。

「老人ホームの入居無料相談 受付中」などという、老人ホーム紹介業者が増えていますが、これも玉石混淆です。相談料、紹介料は無料でも、老人ホームサイドからお金をもらって、入居者を押し込むだけの営業ブローカーが大半を占めます。宅建業法のように全く法整備がされていませんから、介護も高齢者住宅も知らない素人事業者がほとんどで、入居率の低い有料老人ホーム事業者が、中立を装って「無料相談・・」「ご家族のために・・」とやっているところもあります。

週刊誌などで、「プロの選ぶ 良い老人ホームランキング」という記事がでますが、これも、まったく信用できません。現在元気なのか要介護状態なのか、預貯金や年金はどの程度あるのかなど、資産や要介護状態、年齢によっても選ぶ高齢者住宅は変わってきますし、「サービスの手厚さ」「24時間看護師常駐」「建物設備の広さ」などで点数を付ければ、高額なところが上位にくることになります。また「認知症対応OK」「医療対応OK」とできもしないことを言う事業者ほど上位にきます。

これは情報サイトなどでも同じです。「認知症対応可・医療対応可」というのはプロが判断してるわけではなく、自己申告です。「どうしてその人員で認知症対応できるのか・・?」と疑問に思うところも少なくありませんし、「24時間緊急医療対応って、何をするの?」と聞いたときに「救急車を呼びます」と真顔で答えた事業者もあります。

高住経ネットにも、「良い老人ホームを教えてほしい」「推奨する高齢者住宅を示してほしい」という声は多いのですが、それは難しい相談です。なぜかといえば、「どのような高齢者住宅が良いのか」は、一人一人違うからです。「あの高齢者住宅は最高です」と、入居一時金が一億円、月額費用が40万円の有料老人ホームを勧められても困るでしょう。

 

~高齢者住宅選びにはポイントとコツがある~

このように言うと、「結局、どうしろというのだ・・」と、八方ふさがりのように思うかもしれません。
しかし、そうではありません。
高齢者住宅選びには、「ポイント」と「コツ」があるのです。
述べたように、「良い高齢者住宅」は、それぞれに違います。しかし、そのポイントとコツを知っていれば、劣悪な素人経営の高齢者住宅か、プロの事業者かを選別することはできるのです。高齢者住宅選びの基本は、「良い老人ホームを選ぶ」という前に「素人事業者を選ばない」ということが重要なのです。

このコラムは、要介護高齢者を抱え、高齢者住宅への入居を考える家族を対象としたものです。
高齢者住宅のプロは、その経営力やサービス力の何を見ているのか、どこを見ているのか・・
プロの事業者と素人事業者は何が違うのか、どこを見ればわかるのか・・

その勉強を始めていきましょう。

NEXT  ☞  時間と心に余裕をつくる ~失敗する理由は焦りと不安~

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【F002】 時間と心に余裕をつくる ~失敗する理由は焦りと不…
  2. 【F005】 「介護できないのが申し訳ない」と悔やむ必要はない…
  3. 【F010】 どちらを選ぶ ・・ 介護付か? 住宅型か? ②
  4. 【F004】 高齢者住宅選びは、きちんと手順を踏んで
  5. 【F011】 どちらを選ぶ・・・介護が必要になってから? 早め…
  6. 【F003】 高齢者住宅選び、誰もがみんな初めての経験
  7. 【F018】 入居後のリスク・トラブルを理解する
  8. 【F014】 どちらを選ぶ ・・ 入居一時金方式? 月額払い?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TOPIX

NEWS & MEDIA

WARNING

FAMILY

RISK-MANAGE

PLANNING

PAGE TOP